大長今@新大久保

先週ポシャッた韓国料理を楽しむ会にいってきた。
あかねだ氏が鶴橋のディープな店に行かれたようだが,
新大久保にもいろんなところがある。
ただ,今回は時間が遅いこともあって,
駅近の大箱,テーチャングムにした。
店内には,ここぞとばかりドラマの紹介ポスターが貼られている。

t-mattはとても悩んだ。
しかし,時間が少ないので早く酩酊しなければならない。
というわけでみんなが生ビールから始めるのを横目に見つつ,
最初からガッツリ韓国真露にした。
韓国料理店では冷やした真露を割らずにおちょこで飲むため,
瞬く間に効いてしまう。
また,直輸入ものは日本で売られているジンロより甘い気がする。

いよいよデジカルビやってきた。
そしてt-mattの頭の中ではまたしても天使と悪魔が闘い始めた。
あー,いけない,それはやめたほうが・・・。
いいじゃん,ケンチャナヨ・・・。

というわけで,やっぱり悪魔が勝ち,
生ニンニクも一緒に巻いてガッツリ食べた。
翌日の職場でヒンシュクを買ったのは言うまでもない。

大長今
新宿区百人町1-11-28 大長今ビル 1F
月~土11:30~翌03:00
毎週日曜定休(祝日は営業)
JR山手線「新大久保駅」より徒歩1分
豚カルビ1300円
チャプチェ1500円
サムギョプサル990円
[PR]
# by t-mt | 2006-03-09 22:59 | グルメ

青葉@中野

今日は朝から忙しかった。
まずデパ地下によって食料を買い込み、祖母の家へ。
87歳にもなる祖母にとって、私は初孫だった。
昔も今も来訪を楽しみにしてくれている。
お昼を食べながら世間話をして3時前に出た。
またいくよ、ばあちゃん!

そのあと母親とお茶してから吉祥寺LLビーンへ。
買ったものはもちろんバーゲン品。
ああ、そういえば以前、
この店で買い物中の夫婦を目撃した時、
買いたそうな旦那を直撃した奥さんの衝撃の一言、
「こんなの高いだけでユニクロと同じじゃない!」
世間の亭主が虐げられている現場に居合わせてしまった。
「そんなことないよ奥さん」と草葉の陰から心の中で叫び、
女性の怖さに打ち震えながら退散したっけなあ。

その後は良く行く中野のフジヤカメラへ。
実は私もpreceramicさんと同じでD70ユーザーである。
以前から欲しかったシグマ18-50mm/2.8が中古で出た。
ニコン純正の18-70、17-55と迷っていたのだが、
価格と画質のバランスで決めてしまった。
来週あたり、早速テストである。

随分散在しながらあちこち歩いたが、今日のシメは青葉である。
この店に関しては、今更解説するまでもなかろう。
10分ほど待って特製中華そば850円を完食。
ダブルスープにずっしりとした中太麺、
半熟煮タマゴ、肩ロースの柔らかいチャーシューなど枚挙にいとまがない。
スープが熱すぎない点もt-mattは気に入っている。
舌がしびれるような熱さを好む方もいるが、
私は割と猫舌、さくっと食べるにはこのくらいがちょうど良いのだ。

ラーメン食べ歩きを趣味とする諸兄でも、
テレビに出演するようなプロ級の人たちを除けば、
いつもいつも爆食はできないだろう。
たくさんの店にまわろうとすると、同じ店にそう何度もは行けない。
何度も行く店は近所でないならよっぽどのお気に入りである。
そう、こないだの須恵器シンポでY先生がおっしゃった、
「美しい須恵器に希少価値がある」というのと同じで、
おいしいラーメンなら、遠くても、高くても食べに行きたくなるのだ。

われながら、若干無理のあるまとめである。
ただし青葉はマイ・ランキングベスト10には入るが
ベスト1ではない。いつかベスト1をご紹介しよう。

好み度◎
東京都中野区中野5-58-1
JR中野駅 徒歩5分
10:30~19:00(品切れまで)
木曜定休
[PR]
# by t-mt | 2006-03-04 21:02 | ラーメン@東京

チャイナ飯店

とうとうやってきた。そう、チャイナ飯店に行く日。
かのラーメニスト・ジャンボさんが、激闘を繰り広げた爆盛りの店である。

前日から体調を整え迎えた朝。
さらに腹を空かせるため、雨の中、横浜市歴史博物館に行く。
お目当ては企画展『「諸岡五十戸」木簡と横浜』。
いやー凄いボリューム、担当学芸員H氏の執念がほとばしっている。
土師器の畿内産比定には?な部分もあったが、
気分だけはゲップが出るくらい、満腹になってしまった(いかーん!)

さて、歴博をはなれていよいよチャイナである。
外観はごく普通の中華屋さん。
カウンターに着席し、ビールを飲みながらヤツを待つ。
むー、遅いぞ武蔵、もとい、鳥肉チャーハン。
15分後、ヤツはとうとう現れた。

f0096871_1812843.jpg

うおーでかい!チャーハンだけで2人前はある!
(左下のチビ三スケ参照)。

諸兄のwebで見たのとは違うが、唐揚げもなんと13個も巡っている。
人数が多いと盛りがさらに増すというが、これでもまだ少なめということか!

これは互角の勝負かも(汗)と思いつつ、スタートダッシュで食べ始める。
唐揚げを盛るためもあるのか、皿に油がたまってなかなかきつい。
後半になるほどボディブローのようにくどく効いてくる。
でも、何とか完食。

大食いに自信のある皆さん、ぜひチャレンジを。
次回は。亀戸のパンダに挑戦。
[PR]
# by t-mt | 2006-02-27 15:43 | グルメ