<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

麺工房まごころ@市川市八幡

 今日は健康診断で本社へ。
 面倒だが社会人として健康でいることは最低限の努め。じっと我慢して診断を受けてきた。だが,そこで素直に帰るt-mtではない。昼食は当然ラーメンである。なじみのまごころは本社目の前にあるだけに,昼食時は本社社員がほとんどだ。いつものワンタン麺を注文。
 実はこのお店,開店前から注目して,人気店となった今までずっと見守ってきた。それなりに常連でいたので,大将も顔を覚えていてくれてると思う。当初はチャーシューの味付けで悩み,お客さんがつかずに悩んでいたようで,果たして大丈夫かと心配したこともあった。経営が危機的になったとき,大将は一念発起してもう一度台湾に修行に出かけ,人気の引き金となったワンタンを開発したらしい。以来,この店のワンタン麺は名物となっている。
 シンプルなスープに合わせた自家製麺,同じ生地でつくったワンタンは絶品である。今時の店でこってりを志向せず,しかも基本のラーメンが500円ですよ。こんな店,最近なかなかない。近年のこってりラーメンとはまったく異なるベクトルで,あっさり醤油が好みのt-mtだけでなく,茨狼さんやI教授でも受け入れてくれるに違いない。ただ残念なことに,近年ワンタンの皮が少し薄くなり,スープの味も少し変わってきたようだ(季節でも少し変えているらしいけど・・・)。開店当初から食べているt-mtとしては,日本のワンタン麺で最厚・最大であろうワンタンと,ゆずのきいたスープが大好きだった。残業のお伴によく食べに行った。
 ひたむきな大将は,今でも自分の作りたいラーメンと,商売として最大公約数の味に仕上げることと,悩んでいるかもしれない。しかーし,大ファンとして今日は厳しめに◎はつけない。でも大将,また行くよ。

好み度○
ワンタン麺 800円
(ランチタイムは小ライス付き)
住所:市川市八幡2-1-14
11:00~15:00,17:00~20:00(スープ切れで終了)
定休日:日
[PR]
by t-mt | 2006-05-30 19:47 | ラーメン@千葉

浮浪雲@小金井市

協会2日目。
f0096871_20502628.jpg 午前中はもっぱら本を漁る。途中,おなじみの茨狼さん,sey-noさんに遭遇。say-noさんとはいまや定番となったマックネタで少々会話。やはりウインドウズに傾きつつあるらしい(笑)。
 昼は外へラーメン。学芸大東側を通る新小金井街道,実はラーメン街道である。ここで食べに行かなければ一生後悔する事間違いない。今日の学芸大は正門以外開いてなく,20分近く歩いてしてしまった。途中,二郎新小金井街道店の行列を横目に見つつ,浮浪雲へ。
f0096871_20551326.jpg 吉祥寺武蔵家出身だという,若い夫婦の経営するお店だ。食べた浮浪雲ラーメンは家系+魚介スープとのこと。具にチャーシュー・海苔を使うのは家系で当たり前だが,九州風にキクラゲがたっぷり,八王子風に刻みタマネギまでのっかっている。油が少々多く感じたけど,おいf0096871_21265948.jpg しくいただきました。
 協会員だけでなく一般参加者あわせても,一杯のラーメンを食べにこんな遠くまで歩いた人はいないだろう。今日だけは業界一のラーメン通達成である。
 夕方まで発表を聞いて,小腹が空いた。そうだ。もう一杯食べていこうと思い,下見しておいた駅近くのひごもんずへ。ラーメンを注文してふと店内を見渡すと,奥のテーブルで地元のFさん・Eさんが餃子をつつきながらビールを飲んでいるではありませんか!頼んだラーメンをキャンセルして仲間に加えていただきました。

好み度○
浮浪雲ラーメン 700円
まかないめし 100円
東京都小金井市貫井北町3-18-15
11:00 - 24:00
金曜休
[PR]
by t-mt | 2006-05-28 21:16 | ラーメン@東京

中華レストランみろべー@佐倉市井野

f0096871_5425356.jpg 昨日も佐倉だったので,ガンジーと思っていた。しかし残念ながら予想外に時間がかかってしまった。やむなく街道沿いの宿題店,みろべーへ。
 このお店,ガンジーほどではないにしろ,怪しい空気がぷんぷん漂っている。それでも有名サイトでも紹介され,そこそこの評価を得ている。t-mtは一番人気というねぎみそラーメンを注文。店内を見渡すと,大将一人で大半のものを作って,主婦らしいスタッフさん3人で厨房・ホールと手伝っているようだ。メニューの紹介が派手派手しいだけでなく,レジそばの黒板には,素材をどこから仕入れたのか,蘊蓄が書かれている。野菜も,肉も,味噌も大変こだわっているようだ。
f0096871_5514460.jpg しかし,出てきたラーメンは残念ながらt-mtの好みではなかった。決して味噌好きではないが,味噌は悪くないし,盛りが多めなのもよい。ただ柔らかめにゆでられた麺,作ってから数日過ぎていそうなチャーシュー。うーん,残念。今度は定食メニューにしよう。
ねぎ味噌らーめん 829円
好み度 △
千葉県佐倉市井野1444番地26号
11:00-15:00,17:00-21:30
火曜休
http://www.mirobe.net/
[PR]
by t-mt | 2006-05-23 05:54 | ラーメン@千葉

あわのす@青砥

f0096871_6395184.gif 今日は仕事が終わってから母校の図書館へ。用事はすぐ終わったが,少々くたびれた。家帰ってもすぐ飲んじまうなあと青砥で途中下車。いつもの鳥新に向かうが残念ながら満席。そこで,かねてから行ってみたかったあわのすに行く。
 こじんまりとした店内は,常連さんたちで占められていた。
カウンターに座り,生ビールとモツ焼き,名物のハムカツを頼む。モツ焼きは4本で400円で,
この日はタンとレバーがあるとのことで2本ずつにしてもらう。コストパフォーマンスはまあまあかな。しかしハムカツは噂どおり圧巻。直径10センチ強,厚さ1.5センチはあろうかというハムカツが,都合2枚分,ドーンと出てきた。いやーくるしい。さすがに満腹である。
f0096871_640451.gif そのあとは本八幡へ。先日の反省をもとに早めに切り上げ,きちんと電車で帰った。しかーし,最近不摂生しすぎかなあ。ちまたではメタボリック・シンドロームという言葉が流行っている。健康には自信があったが,現場を離れると体調管理が難しいなあ。

あわのす
青砥駅下車すぐ
生ビール ?円
ハイボール 350円
モツ焼き(4本) 400円
ハムカツ 550円
[PR]
by t-mt | 2006-05-20 06:41 | グルメ

庄や 京成佐倉店

 第の使いさんに「酒とラーメンと考古学」jなのに酒ネタがほとんどないと,鋭くつっこまれた。自分でもいかんなあーと思っていたので酒ネタを。
 昨日は某所で発表。たった20分とはいえ,終わるまではやはり落ち着かなかった。まあ,予定していたことはおおよそ話せたし,狙いどおりに笑いもとれた点では満足である。しかーし,第の使いさんがお書きになっているように,仲間達のトークが凄いこと・・・。とくに歴史学の諸君は,文字がびっしり詰まっためまいがするようなレジュメ。おなじ日本語とは思えないようなスピードで話す人もいれば,目次が既にできている人もいる。うーん,学位を目指す人たちはちがうのーうと,人ごとのように感心してしまった。
 終了後は懇親会があった。t-mtは講義があったので遅れて参加。お話したかった先生方と歓談でき満足。2次会は駅前の庄やである。チェーン系居酒屋には最近あまり行かなくなってたが,この店は日本酒の入れ方がすごくてびっくり。マスにグラスを入れて,あふれさすのはどこでもやる。ところがここはマスの下にさらに皿を置いて,グラス→マス→皿と2重に溢れさせるのである(写真とっときゃよかった)。きちんともうけてんだろうけど,ちょっとしたパフォーマンスで得した気分である。
 10時頃店をでて,本八幡へ一人で。やめときゃイーのに,そのせいで今日は撃沈である。

千葉県佐倉市栄町18-14 佐倉Nビル1・2階
電話 043-483-2761
17:00~04:00
http://www.daisyo.co.jp/gyoutai/shoya/index.html
[PR]
by t-mt | 2006-05-16 19:58 | グルメ

馬賊@日暮里

今日午前は館実習のガイダンス。
長年土木業界にいるとはいえ,館2年目のt-mtはまだ手探り状態。
彼らと一緒にやるミニ展示の説明をして宿題をだす。
f0096871_2131854.gif 午後は1時の約束で出張。あわてて電車にのり都内へ。運良く昼食時間となったので前回気になった馬賊,今回は2回目。馬賊は手打ちの店として元々有名だが,t-mtの印象に残っているのは,「浅草橋ヤング洋品店」である。たしか水戸黄門シリーズで,中華の周富徳が馬賊(浅草店だったかな?)に行ったよなー。周さんが手打ちに挑戦するも大失敗,ほかにも散々しごかれたが,最後は名料理人としてファイヤーをやらかすという,まさしく水戸黄門企画だった。
 さてラーメンは頼んで1分もしないうちに到着した。手打ち麺は相変わらずうまいが,スープが今日はしょっぱく感じた。それといつも思うんだが,ラーメンにわかめはあわないと思うんだよなあ。今回はじめて注文した餃子もほどなくして到着。こちらはうまい。皮が手作りでもちもちして,美味。
f0096871_2122202.gif さて馬賊を後にして,湯島天神そばの,出張先へ。まだ時間があったので,境内をぐるり。前回来たときは梅まつりのころで,屋台が出て,猿回しなんかもやっていた。またJFAのキャンペーンなのか,ワールドカップの参加国紹介コーナーがあり,大黒のユニフォームまで飾られてたが,今回は閑散としていた。
f0096871_2133952.jpg さて,そろそろ時間。某会社へむかう。今日の目的は保存処理中の銭。以前調査で寛永通宝がさした状態で一貫文ほど出土した。某所で展示に使うため,処理にだしたのである。うーん,だいぶ綺麗になったぞ。少々崩れてしまったので,出土状態を復元した展示にできるよう相談。社長のCさん,手モデルもつとめた担当のKさんとともにすったもんだ。最終的にはうまく接合できたので,今後詰めの処理に入ってもらえることになった。
 ばたばたと忙しい一日だった。そのため昨日につづいて今日も整理室に行けなかった。S君ごめん。

好み度○
拉麺 650円
餃子 500円
中国手打拉麺馬賊 日暮里店
荒川区西日暮里2-18-2
11:00~23:30 休:無
[PR]
by t-mt | 2006-05-12 21:44 | ラーメン@東京

中華2連戦

f0096871_710718.giff0096871_7103097.gif
昼はタケノコチャーハン。先輩ゴチそうさまです。
夜はビールと手作り焼きギョーザ。皮は初挑戦だった。手間はかかったけど難しくはなかった。市販の皮はもう買えないな。
[PR]
by t-mt | 2006-05-05 07:17 | グルメ

黒メバル

f0096871_645667.gif
f0096871_6514796.gif
f0096871_6515739.gif
昨日の夕飯に。奮発しましたー。
[PR]
by t-mt | 2006-05-04 06:54 | グルメ

ぽーかろぅ@松戸市新松戸北

f0096871_16224128.gifない。
なにがないってGWにやることがない。
レジャーに忙しい人はブログの更新は滞りがちだ。リンクさせていただいている諸兄も滞り気味。第の使いさんは今日も更新していらっしゃるようですがががが(一度マネしてみたかった・笑)。もっともお出かけの方も,帰ってくるとネタが有り余ってるんでしょな。t-mtは成長なく今日もラーメン。

f0096871_16315146.gif この店は久々,しおらーめんをチョイス。本来,魚介系さっぱり醤油が好みなので,塩ははじめてだ。麺の太・細を選べるというので今日も太にする。スープは透明がかってほのかに鰹節の粉が浮かんでいる。ん~極楽。ぽーかろぅはどれもレベルが高い。軽く飲んでラーメンでシメるのもいいだろう。至福の一杯であった。

好み度◎
しおらーめん 630円
水ぎょーざ 450円
住所:千葉県松戸市新松戸北2-19-8
11:30~14:45,18~23
定休日無
P無
http://po-caro.com/
[PR]
by t-mt | 2006-05-03 16:52 | ラーメン@千葉

甘辛屋@佐倉市栄町

f0096871_6314035.gif今日の昼食は久々にガンジーをと目論む。ガンジー通の第の使いさんを誘っていこかと思っていたが,昼時間に捕まらない。さっき気づいたが,第の使いさんもトークのタイミングを計っていたようだ(笑)。
ところがである。1人で向かったガンジーは何と休業だった(涙)。GWだからやむを得ないが、15分も歩いて休業日だとショックが大きい。
やむなくR博へ引き返しながら、居酒屋のランチにするか、ファミレスにするかと思っていたら、南の通りに「手打ちラーメン甘辛屋」の看板が見えるではないか!
f0096871_6324934.gifネット上で佐倉のラーメンを検索すると、上位はほとんどがガンジーである。そのほかにもあることはある。しかしガンジーはその怪しさゆえ、レポートする諸兄がやたらと多いのだ。徒歩圏内ではほかに選択肢はなく迷わず向かう。店構えはごくふつうの中華料理屋。カウンター6席、4人掛けのテーブル2,小上がりが5人×3。
メニューの右端はなんと餃子で次にラーメンである。両方とも注文。待つあいだに初老の大将のオペを眺めるが、挨拶、動きが非常にきびきびしていて気持ちがいい。この大将ならきちんとした仕事をしそうだ。
f0096871_634281.gif届いたラーメンはごく普通だが、正当派の東京醤油である。おそらくは化調を使っているが、小岩の老舗三五郎のスープから魚介風味を弱くした感じか。具はモモチャーシュー、メンマ、ナルト×2,など。チャーシューは今ひとつだが値段を考えれば妥当か。メンマはしこしこ感を残した仕上がりで、好感が持てる。麺は細めストレートだがしっかりと腰があってゆで加減も良い。厨房に製麺機は見えないし、本当に手打ちなのかどうもよくわからなかったが、良い麺である。量も多めだったので180~200gぐらい使っているかもしれない。
餃子もうまい。羽根付きではないのに、何ともいえぬぱりっとした食感。しかもこの値段で6個である。
ガンジーが休みでなかったら、一生知ることはなかったはずのこの店。一杯600円以上が当たり前の時代に,安くてもきちんと仕事をする店は貴重だ。これだから食べ歩きはやめられない。ガンジーがあまりにも怪しくて恐怖を感じた人は、このお店をおすすめする。

好み度○
ラーメン450円
餃子330円(6個)
甘辛屋
千葉県佐倉市栄町7-22
その他データは不明
[PR]
by t-mt | 2006-05-01 21:59 | ラーメン@千葉