<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

博多長浜ラーメン福福@松戸市本町

f0096871_16272346.gif今日も喉の渇きで目が覚めた。朝食は買い置きの「韓国のりラーメン」。株式会社農心(NONG SHIM)という韓国からの輸入品だ。これが意外とうまい。韓国に行ったときに食べたカルククスに似ていて、日本のラーメンとはやっぱり違う。海苔もごま油のきいた韓国風。唐辛子粉が別袋になっていて、半分食べた後に追加してみた。やっぱり辛いが、自分で調整できるのは日本人向けだ。また買ってみよう。


昼は松戸に食料補給がてら、博多長浜ラーメン福福に行った。
今日で2回目。ノーマルのらーめんと明太ごはんにした。
九州では福岡、久留米、大分、その他移動中、
合わせて10杯程度しか食べていない。
そのため、本場の味を蘊蓄できるはずはない。
ただ、店に近づくと漂うトンコツ臭、見た目も、味も、良くできていると思う。
値段は本場のように安くはないが、物価を考えればやむを得ないだろう。
お会計時に替え玉券をくれるので、リピートするにはありがたいサービスだ。
しかし、明太ごはんのボリュームの多いこと!
今度はごはんはやめて、替え玉にしよう。
f0096871_16334092.gif

好み度◎
ラーメン600円 
替え玉120円
明太ごはん250円
千葉県松戸市本町16-5
11:30~14:30,18:00~翌1:00
定休日 なし
周辺にコインパーキングあり
[PR]
by t-mt | 2006-03-27 16:33 | ラーメン@千葉

麺屋嘉夢蔵@松戸市みのり台

昨日は地元の「かむぞう」へ。
村山元首相のような立派な眉毛の大将がいる、
アットホームなお店だった。
麺に細・太・平と3種類あり、
太と平をミックスした太平(たいへい)を勧められたので、
少々迷ったがそれにした。
他の方のwebにあるように、麺は圧力鍋でゆでている。
タイマーは6分40秒にセットしてあった。
また、素材も天然にこだわっているようだ。
仕上がったラーメンは、かなり濃いめの醤油色。
一口すすると、まるで関東風うどんつゆである。
いい醤油を使っているのだろうが、
その味が直線的に前面に出ており、新小岩の匠屋を想起させる。
麺は確かにおもしろい。特に平麺は幅が2~3㎝もあり、
おそらく国内ではもっとも幅広麺である。
具材は黒豚モモとバラが1枚ずつ、
他に卵焼、ほうれん草、メンマ、かまぼこ。
うーん、チャーシューとメンマをのぞけば、やっぱりうどんだなあ。
世の中にはほかにも折衷ラーメンがある。
例えば吉祥寺の一二三は蕎麦粉を入れた麺であり、
学習院下の蕎麦家栄家のラーメンは一時話題となったが、
やはりカエシを流用した典型的蕎麦屋のラーメンスープだ。
それでもこのふたつはぎりぎりラーメンの範疇だったが、
かむぞうは残念ながらラーメンとは思えなかった。
ただ、このアットホームな空間はご近所さんに大切にして欲しいと思う。
 
卵麺(らんめん)・太平 800円 好み度△
麺屋嘉夢蔵
松戸市稔台1-14-3 サテライトビル1階
平日1730~2030 土日祝1145~1530
火・水休
近くにコインパーキングあり

家用パソコンの調子が悪くなってきた。
秋葉原のフェイスでかったBTOモデル。
スペックは未だに充分だが、
HDDは消耗品だからやむを得ないか。
メイン以外に、サブ2,外付1という体制だったが、
サブ1が年末に、外付が今日クラッシュ。
今のうちに買い足さなければならぬ。

また、4月からマック+CS2に手を出そうかとも思う。
これまではWindows DTPにしてきたが、
印刷業者とやりとりしていると、やはりMacが欲しくなる。
予算の都合ではminiかPowerBookG4、
Intel+スペックならminiかMacBookPro。
うーむsay-no氏ではないが、先立つものが乏しいとつらいのう。
[PR]
by t-mt | 2006-03-22 06:11 | ラーメン@千葉

天天有@四条烏丸

いわずとしれた有名店。
京都の課題店はとっても多いが、その理由はやはり交通状況にある。
考古学と抱き合わせで行くことが多いので、
複雑な路線のバスを乗り継いで食べ歩くのはなかなか難しいのだ。
ちなみに、今まで行った店を列挙すると、
京都駅:しるそばたか・新福菜館・第一旭・上方ざんまい屋
今出川:ラーメン悟空
木屋町:大豊ラーメン
大宮:京一
九条:ラーメン大栄
桃山御陵前:大中・大黒ラーメン
うーむ、10店。こんなところか。
傾向としては埋文研や飲み屋の近く、奈良へ向かう途中下車だな。
東国舎人としては多いともいえるし、まだまだ修行が足りんともいえる。

さて課題店・天天有の支店が四条烏丸にできたという。
新幹線まで時間もあり、地下鉄ですぐだからこれは行かねばならない。
平日夕方とあってすぐ着席、本店の味に近いという角を選ぶ。
f0096871_18415054.jpg見た目はgood。
一口すすった瞬間に衝撃が!
「甘い!」
角は背脂と一味が加わるので丸より少し辛めというが、
さらに甘さが引き立っている気もする。
これだから関東人は下品といわれそうだが、
野菜や鳥のうまみとはちょっと違う気がするのであった。
そう、まるでコーンスープのような甘さなのである。
雑煮が白味噌仕立てとなる京都だからうける味なのではないだろうか。
世間にはいろんなラーメン、味覚が存在するものだと、また勉強になった。

天天有 四条烏丸店
中華そば角 630円 好み度△
京都市下京区烏丸通り四条下ル 水銀屋町620番地
休み なし
営業時間 11:00~23:30(LO)
[PR]
by t-mt | 2006-03-20 08:29 | ラーメン@京都

雪見酒@脇本酒造

主要な遺跡をおおよそ見終わったあと、
A駅へ向かう道すがら、KH寺付近でなんだか白いものが落ちてくる。
何と雪である。天気予報では京都は確かに雪マークだったが、
ここは晴れマークだったから傘は持ってこなかったのに、なんてこった。
はー、寒い。どうしよう。
うなだれつつとぼとぼ歩いていると、ふいに看板が目に入った。
「きき酒」ドーン!
「新酒あります」ドンドーン!
これはいい。救世主様だ。
吸い込まれるように坂を上ると、そこに酒蔵があった。

f0096871_1828072.jpg

呼び鈴を押して出てきてくださったのは、看板娘ならぬ大大女将。
さっそく聞き酒コーナーにあがらせていただくと、
サインが所狭しと飾ってある。観光地だけに有名なようだ。
大大女将としばらくお話しさせていただき、
きき酒も全種類制覇して、心も体もほどよくあたたまった。
雪はさらに大粒になってきたが、1本買って店をあとにした。

しかし、今思えばこの酒のせいで現説資料を紛失したのかも。(涙)f0096871_1830224.jpg

脇本酒造
http://www.j-nara.com/eat/foods/fd06d401.html
[PR]
by t-mt | 2006-03-16 19:07 | グルメ

第一旭@たかばし

いざ西へ!の2日目である。
1日目はまじめすぎたが、今日はラーメン不毛の地へ行く予定。
ならば、朝からがっつりラーメンが体に良いというものだ。
6時半頃ホテルを出て、7時前にたかばしの第一旭へ。
すぐ隣の新福菜館とともに、朝早くから営業してるありがたい店だ。
西へ行くときは、早めのお昼をどちらかですますことが定番になりつつある。

以前、傍系店の神戸ラーメン第一旭明大前店に行ったことがあるが、
下処理が不十分だったのか、残念なことにスープに臭みがあった。
ところがこの本店は朝早いといっても決して手抜きではなく、
きっちりと仕事したおいしいラーメンである。
交通の便もよいことだし、
典型的な京都ラーメンをあじわうにはおすすめの一店だ。
特ラーメン750円完食である。

f0096871_18184826.jpg好み度◎
本家第一旭 たかばし店
営業時間:午前5時~深夜2時
定休日:木曜日
[PR]
by t-mt | 2006-03-14 19:16 | ラーメン@京都

大長今@新大久保

先週ポシャッた韓国料理を楽しむ会にいってきた。
あかねだ氏が鶴橋のディープな店に行かれたようだが,
新大久保にもいろんなところがある。
ただ,今回は時間が遅いこともあって,
駅近の大箱,テーチャングムにした。
店内には,ここぞとばかりドラマの紹介ポスターが貼られている。

t-mattはとても悩んだ。
しかし,時間が少ないので早く酩酊しなければならない。
というわけでみんなが生ビールから始めるのを横目に見つつ,
最初からガッツリ韓国真露にした。
韓国料理店では冷やした真露を割らずにおちょこで飲むため,
瞬く間に効いてしまう。
また,直輸入ものは日本で売られているジンロより甘い気がする。

いよいよデジカルビやってきた。
そしてt-mattの頭の中ではまたしても天使と悪魔が闘い始めた。
あー,いけない,それはやめたほうが・・・。
いいじゃん,ケンチャナヨ・・・。

というわけで,やっぱり悪魔が勝ち,
生ニンニクも一緒に巻いてガッツリ食べた。
翌日の職場でヒンシュクを買ったのは言うまでもない。

大長今
新宿区百人町1-11-28 大長今ビル 1F
月~土11:30~翌03:00
毎週日曜定休(祝日は営業)
JR山手線「新大久保駅」より徒歩1分
豚カルビ1300円
チャプチェ1500円
サムギョプサル990円
[PR]
by t-mt | 2006-03-09 22:59 | グルメ

青葉@中野

今日は朝から忙しかった。
まずデパ地下によって食料を買い込み、祖母の家へ。
87歳にもなる祖母にとって、私は初孫だった。
昔も今も来訪を楽しみにしてくれている。
お昼を食べながら世間話をして3時前に出た。
またいくよ、ばあちゃん!

そのあと母親とお茶してから吉祥寺LLビーンへ。
買ったものはもちろんバーゲン品。
ああ、そういえば以前、
この店で買い物中の夫婦を目撃した時、
買いたそうな旦那を直撃した奥さんの衝撃の一言、
「こんなの高いだけでユニクロと同じじゃない!」
世間の亭主が虐げられている現場に居合わせてしまった。
「そんなことないよ奥さん」と草葉の陰から心の中で叫び、
女性の怖さに打ち震えながら退散したっけなあ。

その後は良く行く中野のフジヤカメラへ。
実は私もpreceramicさんと同じでD70ユーザーである。
以前から欲しかったシグマ18-50mm/2.8が中古で出た。
ニコン純正の18-70、17-55と迷っていたのだが、
価格と画質のバランスで決めてしまった。
来週あたり、早速テストである。

随分散在しながらあちこち歩いたが、今日のシメは青葉である。
この店に関しては、今更解説するまでもなかろう。
10分ほど待って特製中華そば850円を完食。
ダブルスープにずっしりとした中太麺、
半熟煮タマゴ、肩ロースの柔らかいチャーシューなど枚挙にいとまがない。
スープが熱すぎない点もt-mattは気に入っている。
舌がしびれるような熱さを好む方もいるが、
私は割と猫舌、さくっと食べるにはこのくらいがちょうど良いのだ。

ラーメン食べ歩きを趣味とする諸兄でも、
テレビに出演するようなプロ級の人たちを除けば、
いつもいつも爆食はできないだろう。
たくさんの店にまわろうとすると、同じ店にそう何度もは行けない。
何度も行く店は近所でないならよっぽどのお気に入りである。
そう、こないだの須恵器シンポでY先生がおっしゃった、
「美しい須恵器に希少価値がある」というのと同じで、
おいしいラーメンなら、遠くても、高くても食べに行きたくなるのだ。

われながら、若干無理のあるまとめである。
ただし青葉はマイ・ランキングベスト10には入るが
ベスト1ではない。いつかベスト1をご紹介しよう。

好み度◎
東京都中野区中野5-58-1
JR中野駅 徒歩5分
10:30~19:00(品切れまで)
木曜定休
[PR]
by t-mt | 2006-03-04 21:02 | ラーメン@東京