カテゴリ:漁( 90 )

太地釣行 その3 サルコ島下見編

7時くらいに撤収したものの,モヤモヤしてすっきりしません。
おうちに帰る前に翌日の釣り場を下見して帰りましょう。

くじら博物館のそばに捕鯨船が飾ってあるのですが,
そのすぐそばの地磯がポイントになっているとか。

f0096871_63093.jpg


海側に出るとちゃんと階段が設置されていて簡単に降りられます。
また,大きなコンクリート塊が敷いてあったり,
岩をつなぐように幅1mのコンクリート橋が敷いてあります。
途中までは結構安全に渡ることができますね。

f0096871_6214170.jpg


橋を渡りきると自然の岩場。
藻がなく乾いていて滑りません。
釣り人がいる最先端に出るには若干のスリルを味わえますが,
小学校高学年以上なら大丈夫な気がします。

自己責任で・・・とはいっても,
ライフジャケットや足回りは準備して渡りましょう。

f0096871_6215180.jpg


捕鯨船を振り返るとこんな感じ。
だいぶ海寄りに出っ張っていることがわかります。

f0096871_622056.jpg
2013年8月14日
[PR]
by t-mt | 2013-08-31 06:37 |

太地釣行 その2

午後はお墓やお寺,親戚の仏壇へお参りなど,
お盆らしい行事を懸命に参加しました。

そしてクジラでさっくりとゴチになり,
疲れで早めに休んだ翌日,またしても3時に起きて出陣。
出かけた場所はここ
ただ,港とちがって灯りがない(笑)。
車で休憩し,実際に釣りをはじめたのは空が白みかける4時半ころから。

写真の左,太田川ならシーバス,
右の海岸ならヒラメやシロギス。
海側は凪いでいてあまり釣れなさそうな雰囲気。
シーバスを中心に攻めてみましょう。

f0096871_659418.jpg


リンク先を写真モードで見ていただくとわかるのですが,
G-mapでは砂州?浜堤?がズタズタに決壊しています。
東日本大震災の同年,台風12号が甚大な被害を及ぼしました。
G-mapの写真はその後まもなくのものと思われますが,
↓見てのとおり砂利を高く盛って整備したように見えます。

f0096871_72599.jpg


海と河口の境目は砂州が海側に曲がってつきだしています。
遠浅でルアーをごりごりひきづりそう。ごりゃーあかん。

f0096871_7242574.jpg


同じ場所で背後をみると川の砂州と
海側の砂州(今立っている場所)の屈曲点がみえます。
海側は広く川側は細く絞られた感じ。
最近の新しい真間の入江のイメージに近い。

f0096871_7243821.jpg


絞られた場所から川の上流側。
この付近から上流側にかけて,
シーバスらしき魚影が跳ねる姿を何度も目撃しましたが,
結局のところヒットは一度もなし。

私以外に2人ほどルアーマンを目撃しましたが,
やはり釣果はなさそう。

f0096871_7245076.jpg


絞ったあたりから下流にキャストしたとき,
一度だけルアーを追ってくれましたが,
最終的に釣果は↓のほか海草がいくつか(涙)

f0096871_7242432.jpg
2013年8月14日
[PR]
by t-mt | 2013-08-30 06:52 |

太地釣行 その1

刺身とクジラと日本酒をたらふくごちそうになった翌日,
抜き足差し足で3時におうちをでます。
港のトイレで朝のお勤めをすませて出陣。
自動で灯りがつき,ウォッシュレットまでついてるものでついつい(笑)。

暗いので準備にてまどり,実際に釣り始めたのは4時頃だったかなぁ。
この日はアジングロッドで,JH+アジ職人,
3〜5gのメタルジグやメタルバイブで攻め,
腕が悪いのか渋いのか,途中でジグサビキまで導入。

チャレンジした場所はここです。
このサイトのBにあたる場所かな。
白灯台そば,外海に近く堤防でも低くて最も釣りやすいとされる場所です。
写真は6時をまわってだいぶたった時間ですが・・・。

f0096871_944837.jpg


同じ場所の外海側。
白灯台の下に脚立がかかって上れるようになっていますが,
立ち入り禁止と書かれています。↑のAのこと。
よい子は上らないようにしましょう。

f0096871_90301.jpg


釣果は・・・小っちゃいカマスが3匹(苦笑)。
メタルバイブ,JAZZ暴君の30mmか40mm,
とサビキでなんとかかけた感じです。
わずかではありますがボウズはのがれたので,
翌日は場所を変えて大物にチャレンジしてみましょう。

f0096871_974871.jpg


7時過ぎにあがってさっそく朝食にカマスをいただいたあと,
甥っ子一家と一緒に湯川海水浴場へ。
砂だけでなく石もやや多め。

f0096871_943612.jpg


隣接している川の水がきれいだなぁ。

f0096871_95617.jpg


海岸と川の間にはコンクリが置かれていて,
ダイビングが趣味の甥っ子一家に寄れば,
この周囲で結構魚が泳いでいるらしい。

ところが,みんながクラゲに指されたかのような痛みを訴えはじめ,
遊ぶ意欲が急激にしぼんで昼前に退散。
後に海岸にいたコイツかもと気持ち悪くなってしまいました。

f0096871_951660.jpg
2013年8月13日
[PR]
by t-mt | 2013-08-29 06:00 |

横須賀の釣り場調査

今日は釣らない。
そう決めてしまえばあきらめもつきます。
周囲をじっくり調査してまわりましょう。

まずは運悪く事前に餌を入手できなかったら?
この界隈は週末だけ24時間,あるいは早朝営業の釣具屋さんが多いようで,
近くの上州屋やポイントはそんなに朝早くない。

ところがなんとセブンイレブンに売っているとの情報があり,
噂の横須賀日の出町3丁目店へ。
店内に入ると・・・あ! ありました!
さすがにイソメなどの生餌はなく,
期待の冷凍アミエビなんかはありません。

でも,マルキューの常温保存コマセや,パワーイソメが入口近くにおいてあります。
専門店が開店するまでのつなぎには充分でしょう。

f0096871_5321381.jpg


そして,本日の目的地だったうみかぜ公園。
釣り専用施設ではありませんが,釣って良い総合公園です。

f0096871_533537.jpg


遊具があるので王子がじっくり遊べそうなのがここにした理由。

f0096871_533237.jpg


海に接している場所の北側2/3ほどに切り立った護岸があります。
そのうちの南寄りが釣り人が多い場所。潮通しが良いとか。
ほとんどの方は遠投カゴ釣りのようです。

北寄りは人が少ないですね。
常連さんの邪魔をしないように,北寄りから始めるのが良いかな。

f0096871_5334592.jpg


南側は親水護岸になっていて,
海に降りる事ができます。
ただ,親水のための規制区域があったり,
水深が浅いとかの理由で釣り人はほとんどいません。
ここの陸地側はバーベキュー広場です。
バーベキューしながら釣るのも良いね。

f0096871_5334669.jpg
f0096871_534470.jpg


ここまでくれば水がきれいだよと言われていますが,
南房総の海をみている私からすると???

でも下におりてよく見てみると,
確かに葛西や本牧より随分マシかもしれませんね。

f0096871_5342151.jpg


赤茶色の藻が多く印象を悪くしているだけかな。

f0096871_5343342.jpg


王子は本物の釣りよりもこっちが楽しい年頃。

f0096871_5345835.jpg
2013年7月23日
[PR]
by t-mt | 2013-08-03 05:58 |

古代の海をおしはかる その2

しばらく王子と遊んでから奥様と交代。
港の様子を見にいきます。

f0096871_5204551.jpg


港との間に小テトラ列があります。
隙間には大きなカニさんなど,生き物がいますね。

f0096871_5205958.jpg


いよいよ港近くの護岸へ。
写真ではわかりませんがカニさんが砂に潜るのを発見。
戻る時にまだいたら少々遊んで貰いましょう。

f0096871_5211961.jpg


港の北側に到着。湊川に隣接して作られた港ですが,
シーバスとハゼのポイントとされていて,
ここの様子を下見しておきたかったんですよね。

f0096871_5213964.jpg


おおー・・・何か泳いでいる!
ボラかな?

f0096871_5215444.jpg


湊川にかかる内房線の鉄橋下には,
カキが群れていますね。

f0096871_522529.jpg


港南側の係留場ではハゼらしき姿が・・・。
ここ数年釣果が落ちているとも聞きますが,
一度は糸をたらしてみたいですね。

f0096871_525216.jpg


河口付近。
私が立っているのは河口と港の間の堤防です。
ルアーマンがひとりだけ準備していらっしゃいました。

f0096871_5251282.jpg


少々長居したのでもどりましょう。
南北の係留場の間はスロープになっています。
私のちょっとした動きで小カニがザザーッと動くんですよ。

f0096871_5252541.jpg
2013年7月22日
[PR]
by t-mt | 2013-07-30 05:40 |

外房の自然に触れる その5

この日は中途半端な気温。
海にがっつり入るのは厳しい。
そこで足だけつかってみることに。

f0096871_5555498.jpg


ところが怖いもの知らずだったはずの王子が嫌がって逃げます。
しょうがないなぁ。とりあえず奥様にまかせ,
私は自分のタックルで遊んでみることにしました。

f0096871_556535.jpg


本牧でお借りしたのはシーバス用のタックルでした。
かつての陸釣りで使ったのはチョイ投げ用。
軽いハゼ用の仕掛けや,
アジング用JHって投げにくそうなのが容易に想像できます。
自分でそろえた道具の感触を確かめます。

河口部に小魚がうじゃうじゃいるんです。
ハゼかボラかわかりませんがね。

ロッドはアジング用のやわらかいもの,
仕掛はハゼ用,餌はガルプの小さいのをちぎって。

ところが群れの中に入れてもぜんぜん反応してくれません。
下げ潮だからかなぁ。やっぱり無理みたい。

f0096871_5561324.jpg


堤防の先の方で穴釣り風に隙間に沈めてみると・・・
なんと1投目でイソスジエビがかかりました。
こりゃーワームが悪いわけではない。

でも続く反応はありませんね。
JH1g+アジ職人でも同じです。

それにしても軽すぎて投げにくいですね。
ラインがアジング用でないからかもしれませんが,
10mほどしかとびません。
魚影がすぐ近くにくれば別でしょうが,
キャロは標準装備だと思った方がよいかなぁ。

f0096871_5562562.jpg


2時過ぎに撤収してもどります。
途中で産直のお店やら,道の駅やらに。

f0096871_6424411.jpg


ここのソフトは濃厚で美味しい。

f0096871_6425641.jpg
2013年7月1日
[PR]
by t-mt | 2013-07-14 07:35 |

105円でお買い物

食後は千葉ニュータウンへ移動してお買い物。
最後はビッグホップで休憩しましたが・・・

f0096871_6585389.jpg
 

その前に買ったのはダイソーの釣り具。
ケースも含めて全て驚きの105円。
普通に釣れるとの情報を聞いて大人買い。
入門者の消耗品にぴったり。

f0096871_65945.jpg


こっちも全て105円。
大きな店舗とか海に近いとこでしか売場がありません。
そこそこ釣っている方も発見するとつい買っちゃうらしいです。

f0096871_71228.jpg
2013年6月24日
[PR]
by t-mt | 2013-07-03 07:20 |

当面の方針 三つ

1.乗合船には乗らない
というより弱いので乗れません。以上。
防波堤,港,お手軽な磯かなぁ。
なぎの内湾でボートなんて選択肢もありますが,当面は陸っぱり。

2.奥様王子も近くで楽しめることが原則。
王子が小さいうちはラン&ガンなんてとんでもない。
それに,私一人で海へ遊びに行くなんて奥様のお許しがでません(笑)。
家族で出かけて,長時間にならず,
海水浴場,公園,道の駅,その他観光施設が隣接している場所が中心でしょう。

もしくは別の観光に出かけた帰りに少しとか,
奥様&王子がすぐ近くであそべるとか,かなぁ。

3.ルアーを中心にするがこだわらない
軽装で手軽に楽しめるのは大きな魅力です。
教えていただいた安全や自然を大切にする意識も大事にします。
でも,釣れないよりは釣れた方が嬉しいに決まってます(笑)。
サビキや餌づり,ちょい投げもしますよ。

対象はずばり美味しい魚であればOK。
アジ,イカ,ハゼ狙いからスタートしますが,
行く先,季節で枠を広げていきたいなぁ。
 
[PR]
by t-mt | 2013-06-30 05:26 |

釣りの思い出

父親は良く船釣りに出かけておりました。
アジ・サバ,イカ,太刀魚なんかが多かったかな。

私も小・中学生のとき何度か連れて行かれましたが,
浦安のハゼ,湯浅のアジ×2回(いずれも船)は良く覚えています。

特に湯浅では陸がみえないところまで30分以上船を走らせ,
船頭さんの方針で竿は許されず,
巨大糸巻きにスズランテープのサビキをつけた手釣り。

アジの回遊追いかけているんですから,そりゃー釣れますよ。
でかいのが3〜4匹鈴なりですから。

でもね,そんだけ沖でれば胃液まではき,
糸を絡ませては船頭さんに怒られて,
釣りっていうよりは1本釣り漁ですわ。
どんどんぐったりしていくんよ。
陸に上がったときはほっとしたなぁ。
[PR]
by t-mt | 2013-06-29 07:33 |

土の穴から海の底へ

お金が自由だった独身時代,海鮮系のお店でよく飲んだなぁ。
海沿いのまちに出かけると魚を買って帰って,
自分でさばいてそれで一杯やるのが今でも好きだったりします。

その一方で,ここでたびたび話題にしてきたのが,
王子をアウトドアに連れて行きたいこと。
海水浴だけでは真夏しか遊べないしなぁ。

そこでふと思いついたのは釣り!
猛暑と厳寒期を除けば通年の外遊びだし,
釣れれば美味しくいただける。
王子が小さいうちは少しずつ,
ものごころつくころから本格化すればいい。

申込みをして本牧の釣り公園へ出かけてきました。

f0096871_73507.jpg


まだ7時半ころなのに桟橋はすでにたくさんの人が釣り糸をたれています。

f0096871_74024.jpg

f0096871_74934.jpg


新護岸もおまつりしないためにはそろそろぎりぎりなくらい。

f0096871_741970.jpg


さて私は,30年ぶりに釣りをするまえに,
東京湾シーバスプロジェクトの皆さんが講師の,
初心者ルアー教室に参加。

なによりも安全第一にたのしむこと,
そして道具やスナップの結び方など,
基本を室内で習います。

f0096871_7173074.jpg


そして2班にわかれ,陸上で,そして海へキャストする練習。

f0096871_7174328.jpg


的に入ればルアーを1個もらえるはずだったんだけどなぁ(苦笑)。

f0096871_7175125.jpg
2013年6月23日
[PR]
by t-mt | 2013-06-28 07:52 |