カテゴリ:漁( 90 )

ロッド自作 その2 二日目早朝

いよいよ本格的に作りましょう。

説明書や本なんてありませんが今は便利な時代。
富士工業、ジャストエースなど、
各社の公式サイトに情報があります。

さらに大きい情報としては、
海猿さんなどアジングの達人たちがお金、時間をかけ、
経験を凝縮して作りあげてきた技術やデータがあります。

惜しげもなく公開してくださっているその情報を、
そのまま活用させていただきました。
この場で恐縮ですがお礼を申し上げます。



じっくりと手で削ったチタンティップ挿入部。
すごく硬いですがだいぶ削れてきました。

f0096871_7214441.jpg


AJX5919anの差込部ですが、
出来合いのままですでに穴は空いています。
でもさすがに厚みがあってすぐ差し込めるわけではないので、

極細ドリルとダイヤモンドヤスリで軽く広げます。
ドリルはルーター用のプロクソン小径6種セット、
挟み込むピンバイスはクラフトツール。

f0096871_7501412.jpg


な〜んか曲がっているような・・・
でも、たくさん作らないと上達しないでしょうから、
細かいことは気にしない(笑)。

f0096871_7511069.jpg


はみ出た接着剤は薄め液で拭き取ります。

f0096871_7531767.jpg


EVAグリップは切断して削り込み、
あまった素材はエンドグリップにします。
そろそろ朝ごはんなので一時中断。

f0096871_7532863.jpg
2015年12月26日
[PR]
by t-mt | 2016-01-14 06:20 |

機材補充、ロッドの改造と自作


二日目は一日干した干物と・・・・

f0096871_1774731.jpg


骨せんべい、頭せんべい。
頭せんべいというものがあるとは知りませんでした。

エラや骨を外して頭のガワだけ。
薄いのでぱりぱりしていて美味。

f0096871_178271.jpg


晩酌しながら次回の準備をします。

最近自分の機材をいじっていて疑問に思うことがあります。
私の二本目のロッド。ブルーカレント65Ttiです。
1本目のD社製安ロッドに比べてラインが絡まないし、
軽いしで良いロッドだなと思っていました。

(買った当時は)短く軽いジグヘッド向き、
という触れ込みで人気でもありました。
ところが最近ようやくアジングをまじめにやりはじめて、
操作にしてもアタリにしても感度は良くないのではないか?
と疑問に思うようになってきました。

ロッドなんて釣りの要素のごく一部でしょうし、
さんざん釣りまくって鍛えるべき技術は、
初心者にとって山ほどあります。

でもせっかくですから、
小遣いの範囲でとことん改良してみたい、
そんな風に思うようになってきました。

まずは重量、巻き、とも軽いリールを新規購入。

f0096871_1781013.jpg


行方不明になったバケツと椅子も補充。
フィッシュグリップは予備をそのままレギュラーへ。

f0096871_1784873.jpg


そしてブルカレは改造に着手。
いずれショートロッド化もと考えていますが、
私の握り方に合わせてEVAを少々削ります。

f0096871_1781850.jpg


さらに・・・・三本目のロッドは自作開始。
サバロさんでAJX5919anと、おまかせセットを購入しました。

本格的なビルダーさんのように何本も作るのは難しいので、
電動工具は買わずにサンドペーパーで削りはじめます。
目標は露出部175mm、挿入部10mm。

f0096871_1783773.jpg
2015年12月22日
[PR]
by t-mt | 2016-01-11 08:23 |

151221_アジング@外房某港


朝マズメもおなじ港にはいります。
荷物を全部運ぶのは面倒ですし、
平日であればそんなに迷惑でないでしょう。

そう思って場所取りにバケツと椅子、
フィッシュグリップを置いていったのですが、
影も形もありません。

やられた(涙)。
あきらめてスタンバイしマズメを待ちます。
アジ狙いで今度は外側へ。

あいかわらずなかなか釣れず、
あせってあせってようやくの第一尾はまたしてもカマス。
カマスもうれしいけどアジを釣りたいな。

f0096871_7342429.jpg


数匹カマスを上げたところで・・・・

f0096871_7343567.jpg


そろそろまずいなと思いはじめたところで、
この釣行でようやく初めてのアジ。
しかし小さい。

f0096871_7344621.jpg


小さい。

f0096871_7345926.jpg


やっとレギュラーサイズが・・・。
後方は急遽引っ張り出した洗車用バケツ。
血抜きと椅子兼用です。
フィッシュグリップは予備を引っ張り出しました。

f0096871_7351546.jpg


明るくなるまえにアタリが止まりました。
ゲームオーバーですな。

f0096871_7352753.jpg


さあ、ひとっぷろあびて帰りましょう。

f0096871_7353892.jpg
2015年12月21日

[PR]
by t-mt | 2016-01-09 08:32 |

151220_アジング@外房某港


何カ所も見てまわりましたが、
終点の鉄板大型港に魅力を感じました。

堤防先端は人がひしめき合っていて入れず、
真ん中あたりの外向きに入ります。

先端を見ていると、
ギャング師が内向きど真ん中あたりに投げ、
テンポ良くカマスを引っかけていますね。

ただ、ポイントがやや遠く、
その場所に投げられる方以外はまったく釣れません。

f0096871_18331232.jpg


アジは全然音沙汰なしと思っていたら、
内向きでサビキを垂らしていた親子がパタパタと数匹あげました!
あやかろうとワームを投じるもまったく反応無し。

f0096871_18332566.jpg


だいぶ日が傾いてきましたね。
バケツを3つ並べておいていたアジンガーの方々が戻ってきました。
話しかけてくださって最近の状況を教えてくださいました。

先週そして前日もお越しになり同じパターンだったとか。
心強いアドバイスが励みになりますね。
先端よりで帰った方がいたので移動し、ワームを投じ続けます。

f0096871_18343178.jpg


4時を過ぎてしばらくすると、
内向きの隣近所のエサ釣り師、アジンガーに、
カマスがかかりはじめます。

私のロッドにも反応はあるのですが、
リーダーをスパスパ切られ上げられません。
3lbにしていましたが6lbを結び直します。

例によって自分だけ釣れず焦りはじめたそのとき、
ようやく1尾目を上げました。

f0096871_18365391.jpg


だんだんと慣れてきて少しずつ釣り上げていきます。
6lbにしたことで切られにくくなりましたが、
ワームはすぐにボロボロ、フックもたまに折れます。
次回は10lbを結ぶか。

カマス一匹 底千匹、という言葉があるらしいが、
ふと水面をみるとカマスの大群がダーッと泳いでいます。
マズメには港内をグルグル回遊するんですね。

チャンスとばかりにワームを打ちますが、
釣れるのはもちろんわずか。

f0096871_18373449.jpg


アドバイスどおり時合いは短く、
6時過ぎに納竿して充電開始。

f0096871_18375081.jpg
2015年12月20日

[PR]
by t-mt | 2016-01-08 06:49 |

カゴ&サビキ_151201


船道は場所が埋まりがちなので少々奥に構えました。

f0096871_1693523.jpg


しかし、おおっ!
とくるのはこいつとせいぜいウミタナゴ。
結局完敗でした。

この場所、好きなんですけどね。
群れが大きくないとここまで魚がまわらないのかな。

f0096871_1694669.jpg


日帰り温泉でひとっぷろ浴びたあと、
県庁とC大の間にある某博物館で小企画展を見学。

f0096871_1610031.jpg


キスとキビレは刺身に、
ウミタナゴはソテーでいただきました。
次回こそはアジをがっつり食べたい・・・。

f0096871_16481947.jpg


奥様が奮発してヱビスを買ってきてくれました。
釣れた魚たちに申し訳ないが、
ビールは高級品でございます。

f0096871_16483875.jpg


だいぶ前に発注した釣りグッズが届いていました。
実店舗で買えないものを中心にまとめ買いです。
最初に買ったアンバーコード0.3号があまりにプツプツ切れるので、
それ以来エステルは0.4号を使っています。
ライン以外のグッズはまた機会があれば紹介しましょう。

ハサミは今回の釣行で無くしたので、
ホームセンターに立ち寄って500円弱のをゲット。
薄い金属板やコードを切るステンレス製。
バネが付いていて、手で握れて、前のより安い。

f0096871_16484674.jpg

[PR]
by t-mt | 2015-12-08 06:08 |

遠投カゴ・普通のサビキ→身エサ釣り_151130


食後は南房総某所に入って釣りをはじめます。
平日だからか釣り人は少なめ。

唐揚げサイズのトウゴロウが近くを泳いでいますが、
狙っているサビキ組の竿にほとんどかかりません。

ほかに港内でちょい投げキス狙いの方々がいて、
彼らは時折あげていますね。

わたしははじめての片天秤のカゴ釣り。
長い磯竿は持っていないので、
これまでもサビキは短めのものを使っていました。

遠投カゴ仕掛けもなんとなく近寄りがたくて、
使ったことがなかったのですが、
天秤をつけて短めの仕掛けで初挑戦。
拍子抜けするくらい普通にできましたね。

しかし最初はもわっとしたあたりのこいつが上がる。

f0096871_957343.jpg


普通のサビキに変えたりしながら、
なんとびっくり良型のキスがかかる!

そんなことあるんだ!
ってお隣の地元ブッコミ師が話しかけてこられました。

さらに話をうかがうと今年はずっと不調だとか。
この方はヒラメなりエイなりを狙っているご様子ですが、
アジやムツもさっぱりだとのこと。
キスなんてほとんどみなかったので今日は良い方だと。
でも私はどんどん不安になってまいりました。

f0096871_9574779.jpg


でも、日がだいぶ傾いてきました。
気張らし程度のアジングに2回ほど来ていましたが、
本格的な釣行は3ヵ月ぶりくらいか。
気合いを入れ直して、打倒、常連のSファミリー!(笑)。

f0096871_9575710.jpg


20cmほどのキビレがかかります。
これはキープ。気分はやや上向きへ。

f0096871_958722.jpg


しかし現実は甘くありません。フグは数回かかるものの、
ムツ狙いの身エサで日没後も粘りましたがノーヒット。

f0096871_9581765.jpg


あきらめて外房にもどり、
翌日朝マズメにそなえて早めの仮眠。

f0096871_9583366.jpg
2015年11月30日



[PR]
by t-mt | 2015-12-07 10:15 |

151026_アジング@外房某港


お昼を食べ終えてすぐに港に向かいました。
ところが駐車場所は満車に近いし、
人気のポイントはすでにいっぱいいっぱい。

隙間が比較的ひろい、
アジンガーの隣に挨拶して入れていただきます。

f0096871_21482863.jpg


さすがに真っ昼間は釣れません。
ワームを投げたり、休んだり、周りを観察したり。

堤防先端から外へ投げているカゴ師やルアーマンに、
時折シマアジ、マアジがかかりますが続きはしません。

2時間ほどかかって待望の一尾目!

f0096871_21484034.jpg


日がだいぶ傾いてきました。そろそろ時合いかと、
みんなテンションが上がってきます。

f0096871_21485698.jpg



まもなく私に二尾目が!
がっちりフッキングしています。

f0096871_2149830.jpg


カゴ師の皆さんはサビキに変えて、
釣り上げるテンポが上がっています。

風向きも追い風から向かい風に変わり、
ワームは投げにくくなってきました。
4時半ころに追加できた私はマシは方かな。

f0096871_21492158.jpg


5時近くになって四尾目。
結局これが最後の釣果となりました。

20尾以上は普通に釣れているサビキ勢に比べ、
苦戦のアジンガー勢ではまだマシな方だったか。

f0096871_21493367.jpg
2015年10月26日



[PR]
by t-mt | 2015-11-01 06:11 |

アジング@外房某港


せっかくつかみかけているアジングの感覚を、
覚えているうちに身体に染みこませていきたい。

そう思って職場を定時で引き上げて外房に向かいました。
コンビニで夕食を手に入れ、
朝まずめに備えて仮眠しようと港に駐車。

ところが釣っている方が何人かおられるます。
若干様子を見に行って・・・・あ! 釣れている!

うーむ、少しだけ試してみようとポイントをさがすと、
人気の場所が空いているではありませんか。

f0096871_59727.jpg


そそくさと支度して数投目、き、きたー!
いますね。

明日は午前中から用事があることだし、
夜釣り→仮眠→渋滞前に帰宅 に変更しましょう。

f0096871_592055.jpg


むー・・・それにしても風が強い。
同じ千葉でも地元付近では無風に近い状態、
このあたりは5〜10mくらいか。

重めのジグヘッドで・・・ほい2尾目!
群れがいるうちにもう少し釣っておこう。

f0096871_593077.jpg


9時台まではぽつぽつアタリがありましたが、
だんだん減ってきます。
10時頃、見切りをつけて数カ所移動しましたが、
どこも魚がおらず12時頃に終了。

f0096871_594156.jpg


自宅に帰って点検。7尾か。
レギュラーサイズ↑だから夕飯のおかずには充分。
もう少し釣りたかったけど、
限られた条件の中ではまあまあか。

それから、
前回の釣行で凄腕アジンガーに教わったように、
自分も現場で〆てみました。

他の要因も考えられますが、
血抜きした方が生臭さがさらに抑えられて、
美味しい気がしますね。
これももう少し続けてみましょう。

f0096871_595163.jpg
2015年10月4日

ロッド ヤマガブランクス ブルーカレント65Ti
リール シマノ バイオマスターC2000S
ライン YGKアンバーコードSG 0.4号
リーダー 3LB
JH   ティクト アジスタ 1.5g、2gほか
ワーム レインズ アジキャロスワンプ ほか
[PR]
by t-mt | 2015-10-10 06:50 |

アジング@外房某港_150914


全然ダメなサビキに見切りをつけ、
移動してエネルギー充電。

夜釣りはあきらめて早めに就寝し、
朝まずめにかけましょう。

f0096871_17205967.jpg

f0096871_17212487.jpg


前日と同じ港に復帰しました。
3時前に入ったので場所はなんなくキープします。

前日もいらっしゃったサビキグループの何人かがまたお見えですね。
あとからアジンガーがお一人、あいさつして入ってこられました。

私もこの日はアジングに挑戦します。
腕はないしコマセで魚を寄せることも出来ないので、
マズメをじっと待つことにしました。

同じように待っていた隣のアジンガーさん。
4時をすぎて空が白んでくるかどうかというタイミングで、
わたくしめに話しかけてくださいました。

比較的近いところに住んでおられて、
バスとともにアジングをなさるのだとか。
会話の内容といい装備やたたずまいといい、
きちんとした社会人の、しかも上級者でいらっしゃるご様子。

f0096871_17214510.jpg


明るくなりサビキグループの竿が曲がりはじめたころ、
魚っ気がでてきましたねとの彼の言葉で私たちもキャストをはじめます。

凄腕の彼は1投目にムツをかけて以後、
どんどんアジを釣りはじめます。

1尾1尾アジを絞めていますが、
それにしてもコマセを詰める手間がないので早い早い。
また、アジが泳いでいる位置やレンジ
(タナ、考古学なら層位(笑))がぴったりわかっておられるのか。
ワームを投入するとすぐにかかり一人フィーバー状態!

なかなか釣れず唖然とする私。
いや、落ち着け。彼を師匠にみたてて動きを見てみよう。
何投か彼と同じ位置あたりに投じ、
さらに竿を下向きにしたタダ巻きから、
上向きに変えてアクションを少し取り入れます。

するとロッドにわずかな違和感。でもかからない。
そこでフックがかかりづらいのかと判断し、
0.9g♯12から♯8へ変更してみます。

やがて、ん? 重いような? クッとかるく合わせてみます。
ああっ、やった〜。久々にアジングで1尾。

f0096871_1721583.jpg


もう一度集中して・・・・き、きたっ!

f0096871_17221442.jpg


アクションで釣れているのかどうかはわかりません。
でもアタリがはっきりしないので自動合わせにはなるかと。

f0096871_1722311.jpg


気がゆるむととたんに釣れなくなります。
集中して、レンジを意識して・・・ほいっ!

f0096871_17224823.jpg


凄腕の彼は相変わらずハイペース。
私が1尾釣る間に3〜4尾釣り上げます。
でも私も初心者なりに健闘、かな。

6時半ころだったと思います。
堤防にいる皆さんの竿が曲がらなくなりました。
凄腕の彼にご挨拶して帰りました。

f0096871_1723781.jpg
2015年9月14日


ロッド  ヤマガブランクス ブルーカレント65Ti JHスペシャル
リール  シマノ バイオマスター C2000S
ライン  アンバーコードSG 0.4号
JH    JAZZ 鯵ヘッド電撃D 0.9g
ワーム  レインズ アジキャロスワンプ、チビキャロスワンプ ほか

[PR]
by t-mt | 2015-09-28 06:31 |

ウキサビキ@外房某港_150913


調子が戻ってそこそこ釣れるようになったらしい。
節約のため高速を使わずに餌屋にむかいます。

いつものようにアミエビにイワシミンチ、
アジパワーを買おうとすると、
名物店長Aさんでない店員さんにこれをすすめられました。

店長が良く釣れると気に入り、
自腹で買って使っているとか。
そうやっていつも自分が釣られるんだよな〜と苦笑しつつ、
イワシミンチをやめて素直に買います。

f0096871_747295.jpg


これまた時折騙され(笑)ながらも、
素直におすすめの港へ。
隣の方に挨拶して準備をはじめます。

皆さんお仲間のようでグループでコマセポイントをつくっていますね。
群れが小さいとあそこに集中しそうで手強い。

f0096871_7474234.jpg


ところがなんと1投目でレギュラーupなアジが!
まだ真っ昼間ですよ。これは爆釣か。

f0096871_747532.jpg


ところがそう甘くはありません。
二尾目は30分ほど立ってから。

f0096871_748375.jpg


やがてあたりが止まってしまいました。
おまけに根掛かりしてウキから下を丸ごとロストする始末。
やむを得ずPEにナイロン5号を組み直し、
予備のウキやカゴを結びます。

f0096871_750157.jpg


夕まずめになるとグループの皆さんは時合いめいてきます。
ところが私の予備仕掛けはあまり・・・。
この形のウキは安いけど、
水の抵抗が大きいのか巻くのに重いね。

おお!
大物がかかったと喜んで巻き上げるとボラさんだったり(涙)。

時間がだいぶすぎたころやっと追加。
しかもスレがかり。

f0096871_7502110.jpg


けっきょく5尾どまり。
うーむ・・・なぜだ?

f0096871_7503418.jpg
2015年9月13日


竿 ダイワクロスビート965TMFS
リール シマノナスキー2500S
ライン PE0.8号+ナイロン5号
ウキ  釣研遠投カゴサビキ6号ほか
サビキ がまかつ サビキ革命ハゲ皮7号
[PR]
by t-mt | 2015-09-27 08:28 |