カテゴリ:ラーメン@山形( 11 )

〆は一杯とは限りません 前田家@山形市

えきでんを出て深夜実測さんとお別れです。
しかし,私のお腹にまだ若干の余裕が・・・。

当初予定していた前田家,
なんでも地元ランク上位ながら,かたくなに取材拒否とか。
いてもたっていられず,地元SさんとGO!

むー・・・これは旨い!スープに独特の香りがします。
おそらくは油に一工夫が・・・香味野菜? にんにく?
惜しむらくは・・・写真がぶれてる(涙)。

f0096871_491167.jpg

f0096871_4103484.jpgラーメン 600円
2009年2月21日

日付が変わり,いよいよ吹雪いてきました。さぶ〜



そういえば小耳に挟んだのですが,
白雲関係のある方が,
酒田の老舗・満月に縁あるとか・・・。
世間は狭いですね。
[PR]
by t-mt | 2009-03-11 04:11 | ラーメン@山形

呑んで,〆ます! えきでん@山形市

「鳥中華,食べに行きます?」
深夜実測さんのこの言葉でここにご案内いただきました。
「しらふ駅」と「ほろよい駅」の間です。
道路研究者は必ず立ち寄らないといけません(笑)。

ここでも納豆汁とか,地元のお新香を堪能。
そして不思議なメニュー,サワー類を頼むと,
「炭酸入りと無しとどちらにします?」
とお姉さんに聞かれること。

ウーロンハイなら解りますが,
そもそもサワーって炭酸入りのことでは?
ご存じの方,情報お願いします!

そして最後にお店のウリ,鳥中華を。
発祥はおそば屋さんですが,
これは西日本のうどんに近いです。
呑んだ後にぴったりの美味しい一杯でした。

f0096871_746266.jpg

f0096871_7461453.jpgf0096871_7454217.jpg
f0096871_7455579.jpgf0096871_746545.jpg
2009年2月20日
[PR]
by t-mt | 2009-03-10 07:56 | ラーメン@山形

現代考古学!(笑)  手打ちラーメンひろや@山形市

凡庸な記事が続いていましたが,久々の旅日記です。
まずは,つばさに乗って雪降る山形へ。
車内に充満する「牛肉どまんなか」の匂いに我慢。

某所でいただいたコメントにもとづき,
山形駅近くのこのお店。以前は「ひろや食堂」なのかな。

限定の文字に負けてチャーシューメンを。
手打ちの太麺も,さっぱり醤油スープも美味しいです。
白河,喜多方,酒田とも違う感じでしょうか?
どちらで修行なさったのか聞いておけば良かったなぁ。

f0096871_6574975.jpg

f0096871_6564783.jpgしょうゆチャーシューメン
800円

2009年2月20日


最後に業界ならではの情報を。

大規模再開発にともなう周辺の発掘調査で,しかもちょうど旧店舗付近でひろや食堂のラーメン丼が出土したそうです(爆)。報告書には未掲載ですので探さないように(笑)。
[PR]
by t-mt | 2009-03-05 06:35 | ラーメン@山形

さらに寄り道 水車生そば@天童市

山形市方面へ向かう途中,天童で途中下車して3杯目。
蕎麦が人気の山形で,鳥中華なるメニューも人気とか。
その発祥がこの老舗らしいのです。

もとは従業員のまかないらしいのですが,
しゃきっとした中太縮れ麺といい,
甘みあるかえしの効いたスープといい,
蕎麦の技術を上手にとり入れた一品です。

でも,もし化調使っているとしたら,
もう少し控えめがよいかも知れません。

f0096871_3212552.jpg

f0096871_3214072.jpg元祖鳥中華 650円
2008年10月6日

[PR]
by t-mt | 2008-10-24 03:29 | ラーメン@山形

そしてもう一杯 梅屋@新庄市

当然ながら2杯目,駅から少し離れたこちらへ。
もとはそば屋さんなのか,おそばが一品だけあります。

こちらの麺は佐野のように柔らかい手打ち風。
なみなみと注がれたスープは,
薄味の末広と違って醤油がはっきり効いてます。

米沢,山形,新庄,十文字,そして津軽へと,
出羽の山側から中央部を北上するように,
魚介出汁ラーメンが並びますね。
なんだか論文が書けそうです。

f0096871_20202928.jpg

f0096871_20203925.jpgモツらーめん 600円
2008年10月6日

[PR]
by t-mt | 2008-10-22 06:21 | ラーメン@山形

一杯のために・・・ 末広@新庄市

所用で東北へ,ちょっと・・・どころではない回り道です。
山形新幹線の終点までやってきました。

慶事に鳥をまるごと食べる習慣があるとか。
身近な存在のもつ煮を合わせて町おこしのようです。

基本はさっぱりスープにグルテン豊富な独特麺。
ラーメンというよりうどんや冷麦にちかい感じ。

もつも薄味ながら臭みはほとんどなく食べやすい。
いろんな部位が入っていて楽しめます。

おあいそすると,
「どうも,ありがとさま!」と独特のかけ声。
神田やぶそばや,とんかついもやみたい(笑)。

f0096871_17212864.jpg

f0096871_17213976.jpgスタミナラーメン 500円
2008年10月6日


f0096871_17214835.jpgお店を後にして移動中,
鶏もつラーメンの元祖,
一茶庵支店前を通過。

残念ながら定休日,
またいつの日にか!

[PR]
by t-mt | 2008-10-21 05:28 | ラーメン@山形

中華そば喜久家@米沢市

帰りも米沢駅で乗り換えです。
米沢に来て1杯も食べないというのは,
自称「考古学界一」の名がすたるというもの。

途中下車しててくてく歩きました。
ラーメン屋さんは点在するので結構歩きます。
途中,橋を渡ると看板があって,
ある映画の舞台だったことに気づきます。

夕方になってもまだ暑く,汗をかきかきようやく到着。
細ちぢれ麺にさっぱりスープ,久々の米沢ラーメンでした。

f0096871_527105.jpg

f0096871_527233.jpg中華そば 500円
米沢市大町3-4-8
11-22 無休
2007年8月27日

[PR]
by t-mt | 2007-09-17 05:29 | ラーメン@山形

ラーメン処おいわけ@上山市

f0096871_736264.jpg白河から戻った翌日,今度は山形へ。疲れが抜けません(涙)。特急を降りた米沢駅は雨でした。長い待ち時間を経て,在来線に乗り換え。最寄り駅は普通に無人駅でした。

そしてこの日も土器見です。前方をバックパッカー風の女性が・・・。ああ,夏休みだなあと思っていたら,同じ目的地に吸い込まれます。

事務所のホワイトボードには「白雲大学 ●● 弥生」
なんと後輩であった! そして目的は弥生らしい。
t-mtの方を見たその子は,
「あ!t-mtさん!」
う゛! 誰だろ? t-mtを知ってるのか!?
・・・なんとなく・・・あの子か・・・?

雨が降って猛暑は一段落。とはいえ,資料を見させていただいた収蔵庫にエアコンはありません(涙)。蒸し暑さで失ったエネルギーはラーメンで補給しました。近所の人気店おいわけです。シンプルなさっぱりラーメンでした。スープの量が随分多いですねえ。

午後には別の若者が挨拶に来ました。何と小虎君と同級生だとか!時代は変われど,石を投げれば白雲に当たるのです。

f0096871_7363922.jpg

f0096871_7365118.jpg中華そば 550円
上山市弁天2-14-37
11-19 水休
P広い
2007年8月27日

[PR]
by t-mt | 2007-09-15 08:09 | ラーメン@山形

龍上海本店@南陽市

f0096871_5145319.jpg坂内を出た後は北上して峠越え。喜多方は会津でももっとも北寄りで,すぐに米沢盆地にはいります。道中はなかなかのドライブルート。さらに北上してうきたむ風土記の丘に到着。

f0096871_51541.jpg資料館では山形の土師・須恵を見学。陸奥のとは顔つきが微妙に違いますが,やっぱり黒色土師器が基本。
外には古墳群があり,お寺があり,池があり。ちょっとした公園になってます。カモ君たちもいました♪ でもウチのご近所のカモ君達より,ちょいわるに見える気が・・・。
ところで,全国のいろんな風土記に行きましたが,房総風土記はなかなか好くできてる気がしますね。広さも自然の豊富さもピカイチです。


さて,さらに北上してこの日2軒目の龍上海。首都圏ではラー博に出店していますが,折角なので本店に来てみました。中途半端な時間ながら,人が結構来ています。
味噌ラーメンには珍しく,手討ち風ピロピロ太麺。柔らかめのゆで具合。これに辛い味噌玉が乗っていて,好みの辛さに溶かしつつ食べる仕掛け。東北のラーメンといえばさっぱり醤油がほとんどのなか,出来た当初はさぞインパクトがあったことでしょう。黒色土師器が基本のなかに「赤焼き土器」が出現するようなもんですかな?
f0096871_5151624.jpg


f0096871_5152622.jpg赤湯からみそラーメン 730円
2007年7月17日
公式サイトはこちら

[PR]
by t-mt | 2007-08-18 05:16 | ラーメン@山形

新月@酒田市

 t-mtはワンタンメンが好きである。「まごころ」の極厚も良かったし,普通のワンタンのピロピロ感も何とも言えない。酒田2杯目は満月のワンタンメンにしよう。車で向かったその先で見たモノは「臨時休業」の看板! 何ですと~!
f0096871_6425162.jpg やむを得ず気を取り直して,酒田一番人気という新月へむかう。店の外観はラーメン屋というよりおそば屋さん。しかし,店の前と道路挟んで向かい側の駐車場は結構な混み具合。入口に設置された機械でチケットを買い,カウンターに座る。ラーメンを作っているのは,大将と若い息子さん風の二人。あとは女性スタッフが結構たくさんいらっしゃる。ここも家族経営+近所の主婦パートといった感じか。活気にあふれる店内はたくさんのお客さんで埋まっている。
 t-mtがたのんだのはデフォとなる「酒田のラーメン」。なるほど,老舗三日月軒よりも人気というだけあって,スープが明らかに濃く,旨みを強く感じられる。また,チャーシューも肩ロースとバラ肉を1枚ずつ載せるという気の使いよう。麺も少し太めかな。たった2店ではあったが,なんとなく,酒田ラーメンの傾向をつかむことができた。
f0096871_64356.jpg
好み度 ○
新月
酒田市東町1-3-19
 ※10月中旬 酒田市こあら2-6-3 に移転
11~19 日休
駐車場 25台
訪問日 2006年8月28日(月) 13時頃
[PR]
by t-mt | 2006-09-07 06:43 | ラーメン@山形