カテゴリ:ラーメン@新潟( 21 )

めん太郎@新潟市

かっぽうぎを出てめん太郎へ。
新潟駅万代口にはなかなかラーメン屋がなくて・・・。
下見して探したのがここでした。
ごく普通のラーメンでした。
f0096871_641781.jpgf0096871_6412217.jpg
2007年10月11日
[PR]
by t-mt | 2007-11-05 05:09 | ラーメン@新潟

ああ! 懐かしい! おもだかや新津店@新潟市

f0096871_6404953.jpg資料見学で新潟県某所へ。行き先のすぐそばにのぼりがいくつか立ってます。なんかのお店かと思いましたが,らしきお店はみつからず。

f0096871_641152.jpg某行き先です。お知り合いが何人かいますが,後輩W君にお世話になりました。白雲大学落研出身・・・の方によく似てる彼です(笑)。

昼食タイムは近くのラーメン屋に案内してくれました。t-mtのラーメン好きもすっかり周知されています(笑)。2枚目の写真にある右の道を進み,丘を超えると1枚目の写真のトコに出ます。のぼりをよくみるとなんと「おもだかや」! 神田店でおなじみのおもだかやがすぐそばにあったのです!

まるでおそば屋さんのように,古い農家の建物を改装した感じ。なんでも社長さんの所有地で,本店のような場所だとか。器はかつての神田店のように,すり鉢ではありません。でも,スープの見た目,味ともまさにおもだかや。いやー麺もスープもうまいですね。チャーシューやメンマは改善して欲しいですが,520円は安い。今後も続けて欲しいです。

f0096871_644941.jpg


f0096871_6423181.jpg支那そば 520円
新潟県新潟市塩谷524
11-15 火休 P有
金は18-23も営業
土日は11-23通し営業

週末は飲めるらしいです。それっぽいアテも別メニューで出されるとか。もっとも昼でも飲めるみたいだけど(笑)。かの神田店にも,当時垂涎の的だった地酒が並んでましたね。ただまだ二十歳の頃のこと,夜にくる勇気もお金もなく・・・・。一度,この新津店で飲んでみたいなあ。
2007年10月11日
[PR]
by t-mt | 2007-11-02 06:27 | ラーメン@新潟

二見食堂@佐渡市

ミニ同窓会の翌日は初めての佐渡島。
佐渡国府推定地を目指し,ジェットフォイルで渡ります。
新潟港には「海猿」の大型船が・・・。
曇り予報に反してだんだん晴れ間が見えてきます。
f0096871_617415.jpgf0096871_6171728.jpg

佐渡って結構広いですね。
最初は自転車でまわろうとしてたのですが,無謀でした。
レンタカーで国府推定地,国分寺,小泊窯・・・。
いろいろまわりました。
ただ,資料館や金山は周りきれませんでした。
いずれ再訪したいですね。
f0096871_62696.jpg


昼食は幻のラーメン屋,二見食堂です。
なんでも昼間2時間の営業で,40杯しか出さないとか?
おまけにご主人が体調を崩され,休みがち?
8月は1ヵ月間お休み?など,伝説だらけです。

9月1日のこの日,普通に営業していました。
外に立っている小さい子に整理券をいただき,
左の待合室で番号を呼ばれるまで待ちます。
呼ばれると,右の店内でいただくという段取り。

その子に聞いてみると,
20枚の整理券が1組ごとに配られ,
休日なら2~3巡するとのこと。
つまりは40から60組くらいは食べられるということ。
40杯というのは都市伝説みたいなものかもしれません。
20人ほど,30分待ちで食べられました。

鶏ガラ主体で野菜が効いたさっぱりスープです。
外に釣ってある青いカゴには小魚が入っているので,
干して,隠し味に入れてるかもしれませんね。
自家製という九州風の細麺もgood。
貴重な一杯に感動です。
後継者がいないという噂もあるようですので,
早めに食べておいた方が良いかもしれません。
f0096871_61729100.jpg

f0096871_6174159.jpgチャーシューメン 600円
佐渡市二見137-2
1115-1330/土・日・祝1115-13
材料切れ仕舞
水・木・8月休
2007年9月1日


f0096871_6175217.jpg翌日は国際トライアスロンのため,沢山の看板が出てました。ロードワーク中の参加者もラーメン食べに来ましたよ。

[PR]
by t-mt | 2007-10-04 06:42 | ラーメン@新潟

ながしま@新発田市

ふたたび駅近くまで送っていただき,このお店へ。
新潟の味・お酒を堪能しつつ,ミニ同窓会気分。
いろんな話題をお話くださる相方さんと盛り上がるうち,
つっこむタイミングが少なくなって,
つまんなそうな宗恵さん。
t-mtとしたことが,○○ップルぶりにヒビを入れてしまった!

「相方さん,宗恵さんがつまんなそうですよ。」
と,やんわりと宗恵さんにも話題をふりましょうとご提案。
「いいんだよ。今日は。」
あー!宗恵さんごめんなさい。
相方さんを奪ってしまった!

・・・というのは冗談です(笑)。
仲むつまじいお二人に見送っていただき,
終電で新発田を後にしました。
f0096871_19174997.jpgf0096871_1918126.jpg
f0096871_19181255.jpgf0096871_19182270.jpg
f0096871_19183311.jpgf0096871_19184527.jpg
f0096871_19185690.jpgf0096871_19191086.jpg
f0096871_19192145.jpgf0096871_19193346.jpg
新発田市諏訪町1丁目2-23
11-1430/15-2230 火休
2007年8月31日
[PR]
by t-mt | 2007-10-03 19:20 | ラーメン@新潟

掲載が遅くなりました! 龍園@新発田市

f0096871_6184161.jpg行程を全て終了し,新潟駅へ向かいます。途中で昨年撮影しそこねた謎の大仏前を通過。走るバスからながら,無事に撮影成功。

なんだか怪しさ爆裂であるが,大仏ではなく親鸞らしい。しかも温泉もあるとか・・・。ここをこのメンツで共同研究したら,先生方は卒倒するかもしらん(爆)。

解散後は皆と別れ,ひとり新発田駅へ。
ドレスアップした宗恵さん&相方さんに久々の再会です♪

何故か車に載せていただいたので,(?_?)と思っていたら,
なんと,先にラーメン屋に連れて行っていただけるとのこと!
ああ,ありがたや。白雲の縁はいわばファミリーなのです。

案内していただいたのは,相方さんおすすめの龍園。
新発田では「龍」のつく店が多いとか。

基本のラーメンはあっさりな塩ラーメン。
さりげない普通のスープのようで,
獣・魚介バランスが絶妙ですね。
新潟ラーメンは現在ブレイク中ですが,
新発田はそれほど紹介されていません。
ここは龍系として新たに紹介されるべきかもしれません。
先輩方,ごちそうさまでした。
f0096871_6185448.jpg

f0096871_619453.jpg新発田市西園町3丁目16-1
1130-14/1630-20
火・第3月休
2007年8月31日

[PR]
by t-mt | 2007-10-02 06:56 | ラーメン@新潟

紫雲の郷@新発田市

二日目はあいにくの天気。
でも異常な残暑がつづく今年にしては奇跡的に涼しい。
私の行いが良いからだ!

f0096871_420256.jpg午前は新潟の「潟」がテーマ。いまでは消滅しかかっている内海が,人々とどのように関わって来たのか? 実際にフィールドに出て目の当たりにする。

「事件は現場で起きてるんだ!」と言ったのは青島刑事。
確かに実際に現場にでると,お話を体感できますねえ。
時代が違っても,歴史学の基本は同じなのかな。
写真の水田部分が旧紫雲寺潟です。

昼食は温泉を核に,宿泊,スポーツ施設が充実したこちら。
合宿なんかに向いてますね。
各自好きなモノを食べろということなので迷わずラーメン。

専門店でも中華屋さんでもないので,
無難に食べられるだけでももうけものです。
実際,半端な中華屋さんよりよかったですよ。
コクがあるというよりマイルド・クリーミーな感じでした。
f0096871_411281.jpg

f0096871_4114526.jpg
味噌コクらーめん 750円
新発田市藤塚浜966番地
公式サイトはこちら
2007年8月30日

[PR]
by t-mt | 2007-09-29 04:37 | ラーメン@新潟

三吉屋@新潟市

新潟と言えば三吉屋。
昨年は,恥ずかしながら全く知りませんでした。
その後宗恵さん・県のKさんにお教えいただき,
今回は必食を期してやってきました。

くら田から多少迷って到着。ちょうど開店時間です。

あっさりスープだとばかり思ってましたが,
意外とトロみある濃厚な味付け。
でもしょっぱくはなく,極細強ちぢれ麺がよく絡みます。
これは旨いですね。
昼食でも,飲んだ後でもいけます。
f0096871_453323.jpg

f0096871_4534591.jpgラーメン 500円
新潟市中央区西堀通5-829
11-16/17-20 土日祝は通し
火休
2007年8月29日

[PR]
by t-mt | 2007-09-24 05:07 | ラーメン@新潟

めん処くら田@新潟市

f0096871_815352.jpg1年ぶりの越国。今年の集中講義はここが舞台。例によって,集合時間より大幅に早く到着(笑)。万代橋を渡って繁華街方面へ。それにしてもいい天気です。

まずは「くら田」です。
昨年訪ねた中華のカトウと同じで朝から営業。
和風の透明スープに細麺がよくあってますね。
朝ラーにふさわしいさっぱりラーメンです。
量も少なめで連食向き(笑)。
f0096871_8151457.jpg


f0096871_8152578.jpgラーメン 500円
新潟市中央区本町通6-1105
7-1530 無休 Pなし
2007年8月29日

[PR]
by t-mt | 2007-09-22 08:15 | ラーメン@新潟

中華のカトウ本店@新潟市

f0096871_895286.jpg ラーメンシーズンインの強化合宿も次第に盛り上がってきた。昨夜は満腹のためシメのラーメンを食べられなかったので,朝ラーメンである。7時の店内はさすがに空いていて,先客は1名だった。朝から営業するラーメン屋さんは少ないが,駅構内や近辺の場合(東京駅等のらーめん粋家,京都たかばし新福菜館・第一旭),市場に近い場合(築地井上・幸軒)に大別できる。この中華のカトウは,どちらかといえば後者に属する。付近には本町中央市場・本町商店街があるらしい。まあ,卸売市場ではなく,早朝営業しているわけでもないから,評価はしづらいが・・・。
 ここの特徴はなんといってもすっきりした透明なスープ。見た目と同じく味もすっきりしたもので,朝にぴったりだ。雰囲気は喜多方の「食堂なまえ」に似た感じ。一方,手打(自家製?)という薄い幅広麺は,甘辛屋風でおもしろい食感。具はちょっと寂しいが,400円という値段を考えれば妥当だろう。昨日の杭州飯店につづいて玉ネギのみじん切りがのるのは,八王子・竹岡と同様だ。
 朝にもかかわらず,あっというまに完食。ちかくにはおなじように朝営業の「めん処くら田」もある。近くにお勤めの方がうらやましい。昨日の杭州飯店もよかったが,こちらのも捨てがたい。
f0096871_811824.jpg
好み度◎
中華そば 400円
新潟市東堀通6-1045
7~麺切れまで(13時頃)
水・第2木休
訪問日 2006年8月28日(月) 7時過ぎ
[PR]
by t-mt | 2006-09-04 08:13 | ラーメン@新潟

杭州飯店@燕市

 あれははじめて新潟ラーメンをテレビで見たとき。随分前のことで,新潟ラーメンに対する認識など世間にはあまりなかった。かつて,神保町に「おもだかや」があったが,全く異なるビジュアルに大きな衝撃を受けた。背脂チャッチャッ系と言えばホープ軒とか弁慶がハシリだとばかりおもっていたが,新潟の大型店で老若男女が普通に食している映像が流された。
 数年前,猛烈に食べてみたくなって,六日町(もしくは塩沢町)あたりのスーパー(もしくは農協?)の敷地内にあるお店で食した。また1年限定で東武池袋で営業していた「潤」で食した。だが,ご当地燕市にやってきたのは初めてだ。
 隣接する広大な駐車場に車を止めて店内へ。さすが新潟,入り口が雪よけのために二重になっている。半端な時間のため,店内はさすがに空いている。指示された席に座り,中華そばを注文。
 太麺だからか結構待たされたが,その間に店内を観察。厨房は家族的雰囲気と,背脂チャッチャッ系らしく男の世界のミックス(笑)。家族経営ながら若いお弟子さんを雇用している感じか。ちょうどまかないの時間らしく,手が空いている人は何かたべてるようだ。
 しばらくしてやってきた中華そば。スープは煮干しが効いているとのふれこみだったが,ガツンというほどではなく,獣系とバランスがとれたもの。そして表面には背脂である。こないだひどい目にあった○○ろーずとは異なって,まろやかでおいしい。いつも不思議に感じるが,おいしい背脂ラーメンは,逆に後口がさっぱりしているのだ。麺は少し黒みがかった太平打ち麺。これはこれでいける。お腹にずしっとくるあたり,首都圏なら若者に絶大な人気となるはずだ。値段はちょっと高いかな・・・。

 スープがこってりして見えるが故に,避ける人も多いかもしれない。でも,地元ではみんなが食べる郷土食になっている。食べず嫌いな方は,一度でいいから体験してみて欲しいと思う。

f0096871_5591574.jpg
f0096871_5593852.jpgf0096871_602020.jpg

好み度◎
中華そば 700円
11時~20時30分(LO)
月休(月1回,火と連休、定休日が祝日の場合は翌日休)
駐車場 60台 
訪問日 2006年10月27日 16時すぎ
[PR]
by t-mt | 2006-09-03 06:13 | ラーメン@新潟