カテゴリ:ラーメン@茨城( 55 )

ラーメン大善@水戸市

所用にて水戸市へやってきた。
何はともあれラーメンである。
目指すは激安の老舗,「すずき」へ。
開店直後を狙って逆算し,
フレッシュひたち,路線バスを乗り継ぎ,店の前へ。

f0096871_19494852.jpg
がーーん!
何と臨時休業!
ここまできてこれはショックである。
しかし敗北を引きずったままではいかん。
携帯サイト「超らーめんナビ」で代わりを探し,
次のお店,大善へ。
ここはやってました。

創業は1963年1月とのこと。
「すずき」に負けず劣らず老舗だ。
値段も安く,良心的なお店。
大将夫婦もかなりのベテラン!で,
商売っ気はあまりないのだろう。

携帯をいじっていると大将が話しかけてきて,
どうもそういう機械は好きになれんという話。
さらには街路樹を切る伐らないで,お役所批判。
すいません大将。
私もなんとなーく同じ業界につとめているような・・・。
逃げたい気持ちが若干芽生えてきました(涙)。
そうこうしているうちに,女将さんが戻ってきて,
近所の火事の話に・・・・。
大急ぎで食べて,お会計していただきました(笑)。

でもラーメンといい,店の空気といい,
大将の車といい・・・・。
ラ博のようなつくりものではない,
本物の昭和30年代を味わえますよ。

f0096871_2012059.jpg

f0096871_2013272.jpgチャーシューメン 400円
(ラーメンは何と300円!)
水戸市泉町2-3-33
9-17/土・日・祭日休
駐車場 1台のみ
2007年3月19日(月)

[PR]
by t-mt | 2007-04-20 20:02 | ラーメン@茨城

金龍菜館@水戸市城南

f0096871_7171599.jpg シンポ会場での懇親会が終わり,タクシーに分乗して2次会へ。地元Kさん御用達の駅近くの居酒屋である。t-mtもさすがにヘベレケで,店名の記憶はない。O・Y両先生のほか,N文研Yさん,司会の草枕・KWJRさん,KRZM先輩など,20人くらいだったかな。ここでもO節炸裂である。恒例の自己紹介などを含めて2時間ほどで終了。
 電車で水戸へ向かう。まだまだ終わらないんだろうなあと覚悟していたら,なんと,もうホテルに入るという。時間は1040,まだ金龍菜館に間に合うぢゃないですか!チェックイン後,部屋で飲もうという草枕さんのお誘いもあったが,少々猶予をいただき,店へダッシュする。
 すでに閉店間際で,厨房から「なんだあ,客かよー」という空気が漂ってくるが,めげずに水戸藩らーめんを注文。うーん,ビジュアルはとってもいいし,麺のコシも好みだが,いかんせんスープが・・・。独特の風味ですねえ。昔のレシピを復元,というのではやむを得ないですか・・・。一緒に出てくる薬味をいれないときびしいねえ・・・。 
f0096871_7244115.jpg
f0096871_725610.jpg好み度△ 
水戸藩らーめん 924円
水戸市城南3-8-30
11~23 水曜休
(祝日の場合は翌日休)
駐車場広い
訪問日 2006年11月4日(土)

 店を出て電話すると,草枕さんとKWJRさん二人で,KWJRの部屋で飲んでいるという。コンビニでビール・チューハイ,かわきものを調達して向かった。しばらく3人でご一緒し,今度は草枕さんの部屋へ移動して二人で飲み。ホテル部屋のハシゴしたのは初めてである。
[PR]
by t-mt | 2006-11-08 07:17 | ラーメン@茨城

食房つしま@ひたちなか市東石川

f0096871_01323.jpg 古代常陸国シンポジウムに参加のため,ひたちなか市に行ってきた。M大OBには,勝田と言った方がなじみ深いかな。虎塚古墳,馬渡窯,十五郎穴横穴など,M大考古学の1頁をかざった町である。
 午前中の講演終了後,そうまさん,小虎・TTとともに,徒歩10分ほどのつしまに向かった。ソースカツ丼も名物のようで,他のテーブルに運ばれるどでかいのを目撃し,唖然。しかし,当方は4人ともつがるラーメン,餃子は2皿を。
 一口すすってみると,魚介の効いたもので,t-mt好み。自家製玉子麺という中細ちぢれ麺も,硬めの茹で方でスープにぴったりあっている。半熟煮玉子までついてこの値段,大満足である。
f0096871_061922.jpg
好み度◎
つがるラーメン 530円
ギョウザ(6個) 380円
茨城県ひたちなか市大字東石川1306-36
11:30~14:30、18:00~21:00
水曜休 
駐車場 5台
訪問日 2006年11月4日
食房つしま

食後,「どこへ行ったの?」と会場でササキさんに聞かれ,かくかくしかじかと答えると,「おおー,さすが!」とお褒めのことばをいただきました。つしまにしぼるまで散々悩みましたが,会場近くではベストの選択だったようです。
[PR]
by t-mt | 2006-11-06 00:12 | ラーメン@茨城

ひかり食堂@石岡市鹿の子

 昨日はYMJさんとともに,常陸国衙の調査現場を見学に・・・。現説があれば,なるべくその機会にいくのだが,あいにく出勤日と重なってしまった。そこでお忙しい中お邪魔する。
 思えば,はじめてこの地を訪れたとき,これはただならぬ遺構(=国庁?)だと思ったのだが,まさかこれだけ明らかになるとは・・・。学校の校庭なので,一見やりやすいように見えるが,庁内での調整なんかは,きっと大変なことだったと思う。それでも今まで掘って,遺構も出してきたのだから,かなり苦労されたことと思う。それとYMJさんもおっしゃっていたが,国庁西側施設は坂東では唯一かもしれませんね。下総では,和洋SD11が今後どのような評価になりますやら・・・。
f0096871_535810.jpg さて,お昼は当然ラーメン。ガマ太郎さんも紹介したひかり食堂へ。以前Mとともに一度来たことがあったが,その時は中華丼を食べた気がする。ガマ太郎さんのblogを見てたら,やっぱりラーメンを食べなきゃとムズムズしてしまったのである。
f0096871_541941.jpg YMJさんはラーメン(400円)+餃子(350円),t-mtはワンタンメンを。麺とワンタンでかなりのボリュームである。麺だけでも180~200gはあろうか。スープはビジュアルどおり,脂分がとても少なく薄味。しかも,街中の中華料理店のラーメンとはひと味ちがっており,化学調味料はあまり使ってないようだし,やさしくスッキリした味わい。毎日食べられるラーメンはこうでなきゃね。
 喜多方では坂内,あべ,生江など,「●●食堂」という店が多い。というのも,ごく普通の食堂で出していたラーメンが,次第に注目され,洗練され,ラーメン専門店化していったからだとか。こうした「食堂系」のなかに,まだまだ発掘しうるいい店があるんでは?と期待させるラーメンであった。 
f0096871_561264.jpg

好み度○
ワンタンメン 500円
石岡市鹿の子3-1-13
11-15 17-20 月休
訪問日 2006年10月20日
ひかり食堂
[PR]
by t-mt | 2006-10-21 07:16 | ラーメン@茨城

土浦ラーメン@土浦

f0096871_5302626.gif 先週同様SN君・TH君を連れてお出かけ。昨日の疲れをひきづったまま,常磐道を土浦に向かう。ラッキーなことに開店直前に到着し,駐車場も1台分だけ空いていた。t-mtはラーメン(醤油)を注文。お客さんが次から次へとくるので,地元では人気店のようだ。一口すすると,ん?ごく普通の細めの縮れ麺は適切なコシを残してあるが,スープにあまり工夫がない。動物と野菜のシンプルな素材だけのようだ。期待をしていなかっただけに,まずくはないが・・・ってとこかな。具は味玉・チャーシュー・茎わかめ・ねぎ・めんま・のり・白ごま。地方では具が盛りだくさんだと人気がでるので,基本のラーメンのわりに若干値段が高いけど,デフォでこれだけの具がのることが人気につながっているのかもしれない。
f0096871_5462210.gif
 食後は上高津の企画展へ。講演のある日はいつも激混みだ。ここでは,スタッフさんが展示を講師にご案内するのをたびたび目撃している。案の定お見えになったので,ひととおり見終わった後の講師YZさんにご挨拶。YZさんは地元の名門大学ご出身で,N博におつとめだ。以前S研究会でご一緒させていただいたが,同い年とは思えない落ち着いた人である。また,同行の若者達にまで名刺をくれる気配りの人でもある。
 ところがこの後がいけなかった。ここにきて昨日の疲れがでてしまい,ご講演中に何度となく気を失ってしまった。ごめんねYZさん。

好み度△
ラーメン(醤油) 680円
特製蒸し餃子(5個) 350円
土浦市蓮河原新町1-33
平日 11:30 ~ 15:00,18:00 ~ 翌4:00
日・祭日 12:00 ~ 21:00
月曜休
Pあり
[PR]
by t-mt | 2006-04-24 05:59 | ラーメン@茨城