手打中華 すずき@白河市

かやま食堂を出てからは,上人壇廃寺へ。草がぼーぼーで,蛇嫌いのt-mtは少々躊躇。でもここまで来たんだからと勇気を振り絞って中へ。うーむ,郡衙方面を眺めると,命からがら入った甲斐があるというものです。

f0096871_1702985.jpg脱出して今度は関和久周辺へ。瓦窯があったという附近についたが,場所がよくわからない。近くで数人の兄貴達が作業の休憩してらっしゃったので聞いてみた。
「ああ,それならあの辺!」と指をさしたのが,後の森が道路に切られているあたり。道路整備の時に少し掘ったらしい。兄貴達は続けて,
「詳しいことは,館にSってのがいるから聞いてみるといいよ♪」
がーーん!こんなところでヤツの名前が出るとは,有名になったのか,それとも狭い町なのか・・・でも彼は今日いないことがわかってたので,おとなしく常設だけ見学。

さて予定はすべて終了,お腹もこなれてきたので老舗のすずきへ。白河は以前「とら食堂」「火風鼎」と食したので,3軒目。老舗らしく,バランスのとれた薄く繊細なスープです。その薄味の中で旨味を感じさせるのが白河。基本のお店です。
f0096871_517318.jpg

f0096871_5174084.jpg手打中華 650円
福島県白河市瀬戸原4-9
1130-19 火休

[PR]
by t-mt | 2007-07-30 05:50 | ラーメン@福島
<< 多来福・新白河駅前店 かやま食堂@須賀川市 >>