三日月軒中町店@酒田市

 久々の山形である。だいぶん前に,山形市で食したことはすでに書いた。その後,古志田東遺跡のシンポジウムに行ったとき,米沢市で2杯ほど食べた。今回は大きな課題となっていた酒田ラーメンである。酒田ラーメンの存在を知ったのはこれまたTVのラーメン番組。かの佐野実さんが,自家製麺へのシフトを検討しているとき,自家製麺率が8割を超えるという酒田へ行脚したのであった。家のビデオテープをさぐればその映像が出て来るに違いないが,あかねださんと同じしくしく状態のため,それは後日にしよう。
f0096871_6174320.jpg さて酒田では,酒田のラーメンを考える会が存在し,老舗主体の勉強会兼組合になっているようだ。このサイトや手持ちのラーメン本を参考に2軒選び,まず三日月軒中町店へ。酒田では「月」が付く名前の店がちらほらあるが,ここが発祥とのこと。本店は閉店してしまったらしく,市役所近くのここにした。ちょうどお昼時のためか,市役所職員らしき人達で満席に近い。連食の予定で不安に思っていたが,うまいこと中華そば(小)があったので,頼んでみた。店員さんは男性一人,女性二人であったが,ラーメンをつくるのはなんと年配の女性である。おそらく一家のおばあちゃんなのだろう。サイトでは男性が店主になっているが,麺打ちやスープの仕込みを担当しているのだろうか。
 出てきたラーメンは,酒田のというよりも,東京ラーメンのイメージに近い。油が少なくわずかに濁った醤油スープ,中くらいの麺。ナルトはないもののチャーシュー・メンマ・ねぎのシンプルな具。t-mtの個人的好みから言えば,スープの野菜風味を弱めて魚介系を強くして欲しいところだ。以前自分でつくってみたときもこんな感じの仕上がりであったし,もう少し洗練させると全盛時代の「まごころ」になる感じ。うーん,うまく表現できないが,市役所のラーメン好きが週何回かは食べにくる飽きせさないお店のようだ。まさしく基本中の基本のラーメン。東京で失われつつあるものが,酒田にあった。
f0096871_621051.jpg
好み度○
中華そば(小) 500円
酒田市中町2-4-7
11:00~18:30
不定休
周辺コインパーキング利用
訪問日 2006年8月28日(月) 12時過ぎ
[PR]
by t-mt | 2006-09-05 06:30 | ラーメン@山形
<< 元祖世界のガンジーラーメン@佐倉市 中華のカトウ本店@新潟市 >>