大福元@松戸市二十世紀が丘

f0096871_20221415.jpg 今日は本社へ出張。そんなに暑くならないと思っていたが,帰り道は汗だく。行きつけの床屋で髪を切ってから,大福元へ。師匠の一人,n-tpさんご推奨の中華料理店だ。松戸市内に姉妹店が2店ほどあるらしい。お気軽かつ本場風味付けで,人気があがっているのかな。
f0096871_20341390.jpg 店内は,4人掛テーブル×5,小上がりは4人×2,6人×1という構成。店員は皆さんネイティブらしく,厨房2人,フロア1~2といったところ。周辺は完全な住宅街で,家族連れをターゲットにした,カジュアルなお食事処,ファミレスがおおい。したがって,安いとはいえ,ネイティブさんがつくる中華料理となると,それだけでもちょっとしたアドバンテージになるだろう。
f0096871_2041729.jpg さて,大汗かいたt-mtは,当然の生ビールと焼き餃子,肉とキクラゲの玉子炒めを注文。餃子は誰でも頼む定番だが,玉子とキクラゲの炒めもの大好きなのだ。個人的には,肉よりも,エビで塩味にした方が,もっとうまいとおもうけど・・・。結局,生ビールを3杯も飲んでしまった。f0096871_2050188.jpg  落ち着いたところで,ラーメンを。今日は台湾屋台麺にする。やってきたラーメンは,結構あっさりしたスープに,細麺,具は,モヤシの上に,唐辛子で炒めた挽肉がのる。スープに浮いているのは,ネギとニラか。
 台湾風とはいっても全く辛くはない。名古屋は今池にある味仙で開発された,激辛タイプではない。味仙ではじめてチャレンジしたとき,t-mtとあろうものが,あまりの辛さにフリーズし,恥ずかしながら完食できなかった。翌朝,個室でのお勤め時には,●●様(食事中の方は開けないでね)が激痛に襲われ,悶絶してしまった。
f0096871_204926.jpg うーむ,話を台湾屋台麺に戻そう。結論づけると,残念ながら,このスープはおすすめできないかな。大陸の方は,必ずといっていいほど使うんですが,八角が入っているようです。大陸では,おそらく日本ほど水が良くないために常用するのではと,密かに思っていますが,日本人の好みにはちょっと・・・。でも,他の料理は行けると思います。混雑ぶりが人気のほどを物語っていますね。今度は,上海焼きそばか炒飯に挑戦したいと思います。
 ということで,ダイエットは休業というか,振り出しです(涙)。でも,はち切れんばかりの満腹感(喜)。n-tpさん,こんなところで,いかかざんしょ。

生ビール450円×3
元祖の焼き餃子 400円
 ※餡はニラ,肉,春雨などで,ボリューム有り!
ぶた肉と木くらげの玉子炒め 680円
台湾屋台麺 480円

千葉県松戸市二十世紀が丘梨元町94-1                     
11:30~23:00  無休
[PR]
by t-mt | 2006-07-25 21:06 | ラーメン@千葉
<< 焼ラーメン(醤油とんこつ)@7-11 冷たいねぎ醤油ラーメン@7-11 >>