160322_足下サビキ@外房某港


さて外房某港に出撃です。
2時過ぎに到着してゆっくり準備します。

周囲のノベ師、カゴ師には、
時折ウミタナゴや小メジナがかかりますが、
王子の竿には反応がありません。

例によっておやつを食べたり、
トイレに行ったりしながらじっと待ちます。

マズメを知っていること、その爆釣経験があることなど、
楽しい経験を積んではいるけれど、
幼児で何時間も待てるってすごいよね。
成長したな。

f0096871_6563573.jpg


ところがまさしく逆風にみまわれます。
予報では3〜4mの南風でしたが、
体感10m前後の真向かいの風がビュービュー。
ラインも仕掛けもどんどん流されます。

f0096871_7163553.jpg


他の方がこれまたたま〜にアジをあげますが、
時合いはなかなかやってきません。

6時を10分ほどまわったころ、
やっとパタパタとかかりはじめます。

王子の世話の合間にワームを投げていた私に、
先にヒット! ところが抜き上げ中にポロリ(涙)。
以後、二回目のアタリはかけられず、
世話している間にラインがぐちゃぐちゃになってジ・エンド(涙)。

「アジは口が弱いからゆっくり巻くんだよ」
と、王子に説教されましたよ。
はい、おっしゃる通りです。

一方、王子はトリックに立て続けに二尾をかけて、
丁寧に巻いて二尾ともきっちり抜き上げました。
時合いらしき機会はわずか数分で終わりましたが、
ポツポツと二尾を追加して7時ころ納竿。

f0096871_741648.jpg


隣のすご腕ノベ師さんは王子の倍くらい、
それでもつ抜けしない程度の釣果でしたかね。

ポールポジションの方は、
私たちが帰る時点でも0だったらしいので、
数日前からの荒天が悪く影響したのでしょうか。

f0096871_749964.jpg


夕飯に唐揚げとポテトフライを食べたいというので、
鴨川のデニーズに寄って帰りました。

f0096871_7515344.jpg


翌日の夕飯に全て刺身にしました。
シーズン終了というよりも荒天で散っただけで、
天気が安定したらもう少し釣れるんじゃないかな。
(と、思いたい。)

すご腕のべ師さんは前日に35尾だったと、
向こう隣の方と話していたようですし・・・。

f0096871_7525530.jpg

f0096871_7541218.jpg

[PR]
by t-mt | 2016-03-27 06:55 |
<< 外房中止→話題の映画 再会@一宮町 >>