151220_アジング@外房某港


何カ所も見てまわりましたが、
終点の鉄板大型港に魅力を感じました。

堤防先端は人がひしめき合っていて入れず、
真ん中あたりの外向きに入ります。

先端を見ていると、
ギャング師が内向きど真ん中あたりに投げ、
テンポ良くカマスを引っかけていますね。

ただ、ポイントがやや遠く、
その場所に投げられる方以外はまったく釣れません。

f0096871_18331232.jpg


アジは全然音沙汰なしと思っていたら、
内向きでサビキを垂らしていた親子がパタパタと数匹あげました!
あやかろうとワームを投じるもまったく反応無し。

f0096871_18332566.jpg


だいぶ日が傾いてきましたね。
バケツを3つ並べておいていたアジンガーの方々が戻ってきました。
話しかけてくださって最近の状況を教えてくださいました。

先週そして前日もお越しになり同じパターンだったとか。
心強いアドバイスが励みになりますね。
先端よりで帰った方がいたので移動し、ワームを投じ続けます。

f0096871_18343178.jpg


4時を過ぎてしばらくすると、
内向きの隣近所のエサ釣り師、アジンガーに、
カマスがかかりはじめます。

私のロッドにも反応はあるのですが、
リーダーをスパスパ切られ上げられません。
3lbにしていましたが6lbを結び直します。

例によって自分だけ釣れず焦りはじめたそのとき、
ようやく1尾目を上げました。

f0096871_18365391.jpg


だんだんと慣れてきて少しずつ釣り上げていきます。
6lbにしたことで切られにくくなりましたが、
ワームはすぐにボロボロ、フックもたまに折れます。
次回は10lbを結ぶか。

カマス一匹 底千匹、という言葉があるらしいが、
ふと水面をみるとカマスの大群がダーッと泳いでいます。
マズメには港内をグルグル回遊するんですね。

チャンスとばかりにワームを打ちますが、
釣れるのはもちろんわずか。

f0096871_18373449.jpg


アドバイスどおり時合いは短く、
6時過ぎに納竿して充電開始。

f0096871_18375081.jpg
2015年12月20日

[PR]
by t-mt | 2016-01-08 06:49 |
<< 151221_アジング@外房某港 ファミリーレストランこだま@勝浦市 >>