150806_ハゼ釣り@外房某川


実践投入したばかりの愛機、AW1。
ところが早くも大ピンチを迎えてしまった。

下の図は押し込んだときのシャッターボタンの模式図(想像図)である。
海水浴場のように細かい砂が混じる海水中で使っていて、
水とともに進入した砂粒がボタン奥に入り込んでしまったのである。

そのため、シャッターボタンを押し込みきった状態のまま、
砂粒がつっかえてボタンがまったく動かなくなってしまった。
防水は充分でもこんな盲点があったとは・・・。

中古であるが保証はついているので、
帰宅後すぐにメンテナンスに出しました。
さてどうなるやら。

f0096871_745567.jpg


さて、当面はアクオスパッドの画で我慢。
下見から戻って昼食をとり、海水浴を終了してハゼ釣りです。
下見では魚影が見えたのでたぶん釣れるとふみました。
奥様と王子の道具を先に準備して、遅れて私も釣りはじめます。

f0096871_6155966.jpg


なかなか釣れない二人を見ながら、
いきなり三連チャンでどうだ顔(笑)。

f0096871_6161254.jpg

f0096871_6162162.jpg

f0096871_6162959.jpg


どうやら浅瀬にはほとんどおらず、
深い場所にかたまっている様子。
長いのべ竿の奥様にアドバイスすると、
ぽこぽこ釣りはじめます。

ところが王子は2.1mののべ竿でハゼの居場所までとどかない。
アジ釣りでつかった穴釣り用の短い竿はおシャカになったので、
そのままのべ竿で続行。苦労して二尾だけ釣れました。

f0096871_6165942.jpg


最終的には2時間ほどで29尾。
これまでの外房ハゼ釣りと比べてもなかなかの釣果。
天気にもめぐまれたんですけどね。

f0096871_6164364.jpg


しかし、その天気があだとなりました。
水に浸かっている海水浴ではそれほどでもなかったのです。
ところが、太陽に当たりながらじっとしている釣りでは、
おもいっきり日に焼けてしまいました。
ヒリヒリ〜。

f0096871_617273.jpg
2015年8月6日

[PR]
by t-mt | 2015-08-27 05:05 |
<< 雲呑美@松戸市 黒潮荘@鴨川市 >>