みやひろ支店@浜松市

最寄り駅を始発の次の電車に乗って東京駅へ。
6時34分発、沼津行きの普通列車に乗り込みます。
沼津でさらに浜松行きに乗り換えて終点浜松へ。

比較的時間があるので、
新幹線代をおよそ3000円節約しました。



f0096871_642322.jpg


浜松でも目的地まで歩くことにしました。
途中で夜のお店を下見。
うん! 臨時休業ではなさそう(笑)。

f0096871_6423160.jpg


川沿いを北上すると途中に魅力的な店構えが・・・。
若い頃なら飛び込んだかもしれませんが、
節制も大事ですな。

f0096871_644251.jpg


結局駅を出てから1時間弱、中継地点のお店に到着です。
このお店も老舗らしい良い雰囲気ですねぇ。

小春日和に加えて店内もあったかく、
どわっと汗ばみました。

f0096871_646124.jpg


ワンタン麺、600円です。
鶏ベースで豚もミックスしているかなぁ、
と想像させる動物系スープの気がします。
やや濁っていて力強さもありますね。

細縮れ麺は絵に描いたようでじつはあまりない、
ステレオタイプな昭和系です。
茹で加減が柔らかくなく硬くもなく中庸ですばらしい。

ワンタンは餡をほとんど入れないタイプですね。
でも実は中華そばと同額なんです。

おそらく麺が少なめになっていて、
同僚程度のワンタンが入っている。
その分2種類の食感を楽しむ、そんな設定でしょうか。


常連さんらしき方々は、
厨房の窓口へ注文してからセルフの冷水をとってすわり、
食べ終わると丼とコップを窓口に返す習わしらしい。

眺めているとその習わしをほとんどの方がやっているんですよね。
お水のセルフ以外そんな張り紙はありませんから、
お店の歴史をとともにはぐくまれた習慣なんでしょうね。

へぇ〜でございました。

f0096871_6471823.jpg
2015年1月24日
みやひろ 支店


関連ランキング:ラーメン | 八幡駅遠州病院駅助信駅


[PR]
by t-mt | 2015-01-28 07:35 | ラーメン@静岡
<< 濱龍@浜松市 用心棒@神保町 >>