上海楼@飯田市

眠らない街、新宿。
若かりし頃はまさに眠らずに夜を明かしたこともありましたね。
始発電車にのってやってまいりました。

f0096871_5135618.jpg


電車は不便な土地柄、安くて便利な高速バスに乗り込みます。
バスターミナル前は良く通過しましたが、
こちらからの景色は初めて。

f0096871_514854.jpg


1000円多く払って2席を独り占めできるシートをとり、
パソコンでお仕事しながら向かいます。

最初は電源が機能していなくて焦りました。
もっていった白マックは最新型と違ってバッテリーがそんなにもたないんです。
しばらくすると充電がはじまりほっとしました。

f0096871_5142169.jpg


雨模様の飯田に到着して、
最初に向かったのはこれまた長年の宿題店。
小綺麗なビルのテナントで拍子抜けです。

でも、平日のまだ11:20位なのに、
店内は8割方席が埋まってます。
ほとんどが60~70代の先輩方です。
地元密着ですねぇ。

厨房では20歳ほどの若者が作ってます。
何代目かの跡継ぎさんかな。
そして、お母さん、おばあちゃんらしき方がホール担当。

注文したのは中華そば並650円。
シンプルな獣系スープが良い香りですね。
なめらかでやわらかめのストレート麺が珍しい。
しかの並でも大盛りくらいたっぷり入っています。

このお店はこの麺を、この茹で加減で楽しむお店でしょうね。
決して茹で過ぎとかではないのでしょうから、
間違っても硬めリクエストなんて無粋はしない方が良いですね。

f0096871_5143576.jpg

f0096871_5144887.jpg
2014年12月11日

上海楼


関連ランキング:ラーメン | 飯田駅桜町駅鼎駅





近しい方に不幸があったことが耳に入りました。
ご冥福をお祈り申しあげます。
落ち着いたころに皆で手を合わせにうかがいます。
[PR]
by t-mt | 2014-12-25 05:31 | ラーメン@長野
<< 金久右衛門 道頓堀店 馬賊 日暮里店 >>