さようなら 成瀬退団

これまでロッテのエースとされていた成瀬がFA宣言とのこと。
事実上ロッテを離れます。
日本一になった2010年以後の成績を客観的にみてみましょう。

2011年26試合10勝 12敗 18四球 防御率3.27
2012年 28試合 12勝 11敗 34四球 防御率2.83
2013年 14試合6勝 4敗 25四球 防御率3.00
2014年 23試合 9勝 11敗 41四球 防御率4.67

数字に表れないいろいろな貢献や、
先発としてローテを維持し続けるなどの評価どころもあるでしょうが、
ここ4年間で勝ち越しは2回です。

でも去年は勝ち越しとは言えけがで休んでいた時間が長い。
それより気になるのは、四球や防御率がどんどん悪くなっている。
まして新人石川は今シーズン10勝8敗で、
実質上のエースは石川になりつつあります。
これでは契約に厳しいドラゴンズでなくても、
ダウン提示で単年度契約もやむをえないでしょう。
それでもFAを選んだのはまさしく本人が権利を行使したということです。

最近は報道の質の問題が落ちたとは良く言われますが、
スポーツや芸能なんて飛ばし記事があたりまえなので、
交渉過程の四方山話なんてどこまで本当だか・・・。

成瀬が残念がっていたり、球団に温情がないかのように、
印象操作を思わせる記事が飛び交っていますが、
ファンは意外と冷静に受けとめる気がします。
[PR]
by t-mt | 2014-11-01 16:47 | マリーンズ
<< 麺道我飯@鎌ヶ谷市 驚異の十目釣り 後編 >>