20140608-09_外房釣行

梅雨に入り豪雨が数日続きました。
ようやくやんだ日曜日ですが、
港内が荒れているでしょうから、
あまりつれないだろうことは初心者でも予測がつきます。

しかし、次回の釣行はおそらく一ヵ月後。
ずいぶん間が空いてしまいます。
我慢などとてもできずにボウズ上等で外房へむかいました。

餌屋の話も当然芳しくないのですが、
大きく深い港の方がマシとのアドバイスを受け、
某港でアジングからスタート。

予想に反して開始まもなくからアタリがあるものの、
フッキングに至らず。
岸壁に比較的近い場所です。

集中してしばらくするとヒットし、
上げてみるとなんと豆サバ。
周りを見渡すとどうやらサビキでも同じ豆サバばかり。

移動しながら3匹つり上げ、
アタリが遠のいたところで他所の大型港へ移動します。

以前から実績のある二ヵ所目の港はアジングでは全く釣れません。
あれ? っとわずかにアタリのようなそうでないような反応がありましたが、
どうも結果に結びつきません。

最後はここ、と決めていた三ヵ所目の港に、
日付が変わる前に移動して2時間ほど仮眠します。
少々強く降った雨がやんで、
のべ竿サビキで釣り始めます。
ところが・・・これがフグの嵐!
f0096871_693152.jpg


夜明け後しばらくまで粘りましたが、
わずかに豆アジが釣れたもののずーっとフグばかりでございました(涙)。

f0096871_694517.jpg


片付けて移動し、恒例の港探索。
今回は川津港です。

勝浦港や鴨川港のように堤防と岸壁の間は広くありません。
小型漁船や釣り船が多いからでしょうか。
でも奥行きは結構広いですね。

f0096871_695911.jpg


堤防中程です。岸壁には市場や漁協があります。
3人程釣っている方がいて、
いずれもカゴサビキか、遠投カゴか。

f0096871_6101166.jpg


いちばん外海近くの先端には、
やはりカゴ釣りの人が多いですが、
アジンガーもわずかにいます。

でも、隣同士があんなに近い場所に潜り込む勇気はまだないなぁ。

f0096871_6102263.jpg


今回の釣果。
外道とは言え、ワームで釣ることができたのは良い経験でした。
あまりに量が少ないので、全てフライにしてボリュームをだしましたよ(涙)。

f0096871_6103341.jpg
2014年6月9日
[PR]
by t-mt | 2014-06-12 07:43 |
<< 民華@台東区御徒町 らーめん八平@長南町 >>