外房リベンジ釣行 その2

なんとなく数カ所の港を巡見した後少々仮眠し,
朝まずめまでここで粘ってみようと訪ねた某小港。
だれもいない中で竿を出すと,
あとから別の方がやってきて声をかけてくださいました。

さわやかにあいさつしてくださったその方は,
年下に見えますがなかなかのベテランで,
外房各地をランガンして今日はここが一番魚がいるとおっしゃいます。
いけますよ,がんばりましょうと,いろいろアドバイスして下さいました。

この師匠は回遊の仕方とか,今いる場所とか層とか,
仕掛けはこうだとか,すごくやさしく教えて下さり,
しかもご一緒した数時間で十数匹釣っていらっしゃいましたが,
私はここではついにボーズ(涙)。

期待の朝まずめ前に魚は港を出て行ったようで,
空が白みはじめる前に時合いが終わるという,厳しい修行となりました。


涙を飲んで内房の数カ所を視察して帰ることに。
舟藤堤防から勝山港をのぞみます。
舟藤そばに貧弱なのがあるだけですが,
メバルや穴釣りなどに魅力的な港。
アジよりはイワシの回遊に期待したいなぁ。

f0096871_6563355.jpg


二ヵ所目は龍島港。
ここはトイレ,駐車場とも完備。
17〜7時は釣りできないので,
割り切った昼釣りでのんびり時間を過ごすのがおすすめか。
ルアーマンが60cmほどのシーバスをあげていました。

f0096871_7152148.jpg

f0096871_7153533.jpg


吉浜埋め立て地。
外向きテトラには数人いましたが,
内側は工事中のため現在立ち入りできず。

f0096871_7202524.jpg


自宅に帰ってみてみると,
17cmながらみごとなキアジでした。
こいつを刺身にして奥様と半分こすると2〜3口で終わり。
でも最高に旨かった。次こそは・・・・。
(いったい何度目のセリフだろうか(涙))。

f0096871_7211581.jpg
2014年4月7日
[PR]
by t-mt | 2014-04-15 07:24 |
<< 博士タイレストラン@鎌ヶ谷市 外房リベンジ釣行 >>